メラニン色素の意味

メラニン色素【メラニンシキソ、melanin pigment】
 
<用語解説>
メラニン色素とは
肌、毛髪、瞳の色のもとになる色素のこと。
単にメラニンと呼ばれることもある。
もっと詳しくメラニン色素
メラニン色素は、紫外線などの悪影響によって細胞核のDNAがダメージを受けるのを防ぐため、毛髪や皮膚で紫外線などを吸収することで細胞を守っています。

皮膚の場合は、紫外線を浴びると「メラニン色素を作れ」という情報伝達物質が放出されてメラノサイトに伝わり、メラノサイトが活性してメラニン色素を合成します。日に当たって肌が黒くなるのは、肌を守ろうとするメラニン色素の防御作用であり、正常な肌の働きによって黒くなった肌は元に戻ります。しかし、メラニン色素が過剰に作られたり、肌の働きが鈍ってターンオーバーが乱れたりすると、肌色が元に戻らなかったり、メラニン色素が部分的に蓄積したままでシミとして残ったりします。

メラニン色素はメラノサイト内の小器官であるメラノソームで作られます。アミノ酸の一種であるチロシンが酵素チロシナーゼによってドーパに、さらにドーパは同じく酵素チロシナーゼによってドーパキノンに合成されます。そして、ドーパキノンは自動的に酸化が進んでメラニン色素となり、周りの細胞に受け渡されます。この経路で作られるメラニン色素は茶~黒色のユーメラニンと呼ばれ、皮膚、粘膜、毛髪のメラノサイトで作られます。

メラニン色素には、もう一つ毛髪でのみ作られるフェオメラニンと呼ばれる黄~赤色のメラニン色素があります。
<シミ・メラニンの関連用語>
  • 色素形成細胞
  • デンドライト
  • メラニン
  • メラニン生成
  • 老人性色素斑
  • 酵素チロシナーゼ
  • 色素斑
  • ソバカス
  • メラニン還元
  • チロシナーゼ
  • メラノサイト
  • メラニン色素
  • 色素沈着
  • 基底膜
  • 雪焼け
  • 情報伝達物質
  • 樹状突起
  • 慢性微弱炎症
  • メラノソーム
  • メラニン排出
  • 肝斑
  • シミ
  • 色素細胞
  • チロシン
  • 日光黒子
  • 炎症後色素沈着
  • サンタン
  • メラニン合成
  • 用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(102) 皮膚のしくみ(85)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(14)
    法律・基準(81) 組織・団体(18)
    資格(5) 海外(15)

    原料・中身

    成分(153) 技術・処方(52)
    機能・効果(35) 使い心地(27)
    色・質感(20) 剤型(10)
    評価・試験(14)

    企画・開発

    企画(34) 調査(19)
    表示(59)

    カテゴリー別

    スキンケア(91) ベースメイク(56)
    ポイントメイク(32) UVケア(36)
    ボディケア(10) ヘアケア(47)
    フレグランス(37) 用具(11)

    生産・流通

    製造・生産(40) 物流・流通(29)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(36) 店舗・売り場(42)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(11)
    うるおい(4) 乾燥・肌荒れ(7)
    日焼け(9) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(16) その他の肌トラブル(20)
    肌状態・タイプ(62) 紫外線(13)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(39) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(14) 広報・PR(10)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ