シリコーンの意味

シリコーン【Silicone】
 
<用語解説>
シリコーンとは
酸素・ケイ素・有機基から作り出される有機化合物の総称で、幅広い分野の製品に使われている機能性素材。
化粧品では油性成分の一種としてシクロメチコンジメチコン、アミノプロピルメチコンなど多くのシリコーンが利用されている。髪の手触りをなめらかにしたり、髪を摩擦ダメージから守ったりすることを目的にヘアケア製品によく配合される。
もっと詳しい シリコーン
シリコーンは、樹脂でありながら高温にも低温にも強く、熱を伝えにくい性質があるので、調理器具や日用品によく使われている大変身近な存在です。そういった特性に加え、紫外線にも強く、柔軟性や通気性にも優れ、撥水性を有するなど他にも様々な特長があり、日用品に代表されるシリコーン製品だけでなく、食品から医療・化粧品はもちろん幅広い分野で活用されている安全で安定性に優れた素材です。

その形状もオイル状、レジン状、ゴム状、粉末状など様々ですが、化粧品の基剤に用いられているのは主にシリコーンオイルと呼ばれるオイル状のもので、その皮膜性や撥水・撥油性、揮発性を生かし色々な製品で使われています。代表的なものにスキンケアではジメチコン、ヘアケアではジフェニルシロキシフェニルトリメチコンやアミノプロピルジメチコン、日焼け止めやメイクではフェニルトリメチコンやシクロペンタシロキサンなどがあります。

シリコーンは油に溶けないため油性成分に分類されることが一般的ですが、油にも溶けにくい性質から油性成分に分類されていないこともあり、メーカーによって方針が異なることがうかがえます。

コとンの間を伸ばさず「シリコン」とも表記されたり呼ばれたりしますが、シリコンとこのシリコーンは別物です。シリコンは岩石や土壌の主成分であるケイ素(元素記号 Si)という金属元素の英語名(Silicon)で、半導体でよく利用されるケイ石から得られる暗灰色の金属のことです。一方、シリコーンは、このケイ素をもとにつくられる化合物で英語スペルも異なり(Silicone)、上記のように様々な性質と形状のものがあります。本来「シリコーン」と表現すべきところでも、間違えて「シリコン」と表現されたり、あるいは世の中に定着していることからあえて「シリコン」と表現したりしているのが現状です。

コスメコンシェルジュから一言 ノンシリコーンシャンプー

化粧品によく使われるシリコーンですが、中でもシャンプーリンス類への配合が嫌われることが多いようです。その理由として、頭皮の毛穴に詰まるとか頭皮頭髪皮膜し過ぎる、抜け毛の原因になるなど様々なことが言われています。
しかしシリコーンは毛穴に詰まらないということが現在わかっています。かなり極端に考えても、明らかなすすぎ不足でない限り詰まることはなく、もしすすぎ不足であるなら詰まるものはシリコーンだけではないでしょう。あるいは洗髪が不十分であるために毛穴に詰まった皮脂や汚れをシリコーンと勘違いすることもあるようです。髪に残ったシリコーンは次の洗髪で洗い流されるので、皮膜がどんどん重なり厚くなるということもありません。シリコーンは上述のとおり安全性・安定性が高い油性成分の一種で、通気性に優れ、さらにヘアケア製品には粒子が小さいものが使用されるので、毛穴に詰まることもなければ、頭皮や髪を完全に皮膜したり、被膜し続けたり、パーマ剤やカラーリング剤、水分や保湿成分などの髪への浸透を妨げたりすることはないのです。

シリコーンの配合目的は、シャンプーなら洗髪中に毛髪のきしみを抑え、すすぎ時の指通りをなめらかにすることです。結果、リンス不要なリンスインシャンプーの誕生となりました。シリコーンのこの特性によって、洗髪時の摩擦を防ぎ毛髪ダメージが軽減されますし、なめらかな手触りは心地良いものです。また、リンスやコンディショナーでは、髪の表面をコーティングすることで乾いた髪でもブラッシング時や髪同士の摩擦を防ぐことでキューティクルを保護したり、髪のパサつきを防いでツヤを出し、しっとり感やサラサラ感をもたらすといった質感を調整する効果があります。シリコーン配合によるメリットは大きいので、あえてノンシリコーンシャンプー類にこだわる理由はないと思います。シリコーンにアレルギーがあるなど特別な理由がない限り、シリコーンを避ける必要はないでしょう。

それでもアレルギーやご自身のポリシーの問題でシリコーンを避けたい場合、ノンシリコーンと訴求されていても、シャンプーはノンシリコーンだけどリンスにはシリコーン配合ということがあるのでよく確認しましょう。
実際、シャンプーは本来の目的が汚れを落とすことなので、シリコーンを入れないこともあります。シリコーンを配合しないと細かい泡立ちで、さっぱりとした洗いあがりが実感できるため、シャンプーの一つのタイプとしてノンシリコーンシャンプーが配置されることがよくあります。ただし、シリコーン無配合を特長としているわけでないので、あえてその点(ノンシリコーン)を訴求することは基本的にありません。男性や女性でもショートヘアならば洗髪中の髪のからみは起こりにくいですし、髪が長くても丁寧に洗髪すればいいですし、そういったデメリットを予防するためにオイルなどの配合がされることもあります。
しかし、リンスコンディショナートリートメントと呼ばれる製品ではその目的からシリコーンは重要な成分であって、それをノンシリコーンにすることで発生するデメリットの方が問題だと思います。

それならなぜシリコーンが悪者扱いされやすくなったのでしょうか。美容師の中にはシリコーンでコーティングされた髪だからパーマがかかりにくいのではないか、染まりにくいのではないかと考える人もいるようです。この考え方が、シリコーン自体が悪いものであると誤った方向に徐々に転換され、シリコーン無配合ーが良くてシリコーン配合は悪いというイメージが一人歩きしてしまったのではないかと言われています。結果、ノンシリコーンシャンプー・リンスが増えました。
シリコーンによって染まりにくいといったことがあるのかもしれませんが、現在市販されてるシャンプーやリンスはシリコーンだけでなく、整髪剤やヘアオイルを使った状態でもヘアカラーに影響しない製品が多くあります。
用語のカテゴリー

全般

全般(128) 皮膚のしくみ(92)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(33) 法律・基準(97)
組織・団体(23) 資格(5)
海外(16)

原料・中身

成分(186) 技術・処方(71)
機能・効果(48) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(12)
評価・試験(48)

マーケティング

商品開発(49) 調査(27)
表示(71) 施策(3)
マーケティング(20)

製品カテゴリー

スキンケア(106) ベースメイク(72)
ポイントメイク(45) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(55)
フレグランス(49) ネイル(25)
用具(17) 健康食品(20)
その他(3)

生産・流通

製造・生産(65) 物流・流通(49)
輸出入(23)

営業・販売

接客(36) 販促(34)
販売(70) 店舗・売り場(55)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(28)
くま・くすみ(8) ニキビ(16)
毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(34)
肌状態・タイプ(64) 紫外線(15)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(87) パッケージ(31)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  会社紹介
Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ