油性成分の意味

油性成分【ユセイセイブン】
 
<用語解説>
油性成分とは
水分蒸発の防止や柔軟効果などを目的に使われる油に溶ける成分。
もっと詳しい「油性成分」
油性成分は化粧品を形作る基本成分の一つで、一般的に油分と言われるものになります。油に溶けますが水に溶けないため、水分と混ざりませんから、水分の蒸発を防ぐことができるのです。皮膚からの水分蒸散を防いでエモリエント効果を発揮し、また肌を柔軟にしたり、使用感触を向上させたり、スティック型口紅の中身を固めて艶やかさを出すなどの効果もあります。単独使用よりも、乳化して使われることが多く、クリーム乳液口紅などの主原料として幅広く用いられています。

室温にあるときに液状、半固形状、固形状といった様々な形状のものがあります。
液状の油性成分は、肌の水分を保持したり、肌の汚れとなじみやすくしたり、肌の上でのすべりをよくしたりする目的で使われ、代表的なものにミネラルオイルスクワラン、ホホバ油、アルガンオイル、ジメチコンやトリエチルヘキサノインなどがあります。
半固形状とはペースト状のことで、ワセリンやシア脂(油脂)、シア脂(油脂)、ヒドロキシステアリン酸コレステリルなどが代表的です。
また固形状とはワックスやロウとも言われる形状で、高級脂肪酸と高級アルコールが結合したもので、代表的なものにパラフィン、ミツロウ、キャンデリラロウ、ポリエチレンなどがあります。

現在は、一つで水溶性と油性両方の機能を持った成分もあります。
<成分の関連用語>
  • 配合
  • 製剤
  • 親油性
  • ワセリン
  • 除毛剤
  • 香り
  • アルブチン
  • シリコン
  • エッセンシャルオイル
  • スクワレン
  • リン酸アスコルビルMg
  • カチオン
  • 匂い
  • マイカ
  • ホワイトニング成分
  • ロウ
  • 忌避剤
  • キレート剤
  • ヒマシ油
  • 色材
  • エチルパラベン
  • カチオン界面活性剤
  • アミノ酸
  • 動物性香料
  • アスコルビン酸
  • 水添ヒマシ油
  • 体質顔料
  • カルボマー
  • スクワラン
  • エキス
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(128) 皮膚のしくみ(92)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(33) 法律・基準(97)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(186) 技術・処方(71)
    機能・効果(48) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(12)
    評価・試験(48)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(71) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(106) ベースメイク(72)
    ポイントメイク(45) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(65) 物流・流通(49)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(34)
    販売(70) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(34)
    肌状態・タイプ(64) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(87) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ