顔料の意味

顔料【ガンリョウ】
 
<用語解説>
顔料とは
着色剤として肌や爪、髪に色を付けたり、基剤としてパウダリーメーク商品のベースとなったりする水にも油にも溶けない色素のこと。
もっと詳しい「顔料」
顔料は主にメーキャップ商品の着色剤として用いられます。染料は主に化粧品の中身そのものに色を付ける目的で用いられるため化粧品の基本機能には影響しないのに対し、顔料は肌や髪に色を付けるというその化粧品の目的を果たすのになくてはならない配合成分です。

また、基本成分の中で粉末成分と呼ばれるものはこの顔料で、パウダリーメークアイテムの骨格として重要な役割を果たします。水にも油にも溶けないので界面活性剤によって水や油の中に顔料の粉末が分散している状態になります。

もとになる物質を粉砕して微粒子状にしていますが、皮膚に吸収されない大きさの粉末なので肌が染まることはありません。「顔」という文字がついている通り、白粉や頬紅に使われていた色素が語源と言われています。
<成分の関連用語>
  • アニオン
  • 界面活性剤
  • INCI名
  • カルボマー
  • 着香成分
  • ジメチコン
  • 天然成分
  • ネガティブリスト
  • 薬剤
  • 親油性
  • ホホバ油
  • シクロメチコン
  • パパイン
  • 基本成分
  • エモリエント剤
  • ベース成分
  • カラーリング材
  • スクワラン
  • 添加
  • キレート剤
  • 着色顔料
  • 旧表示指定成分
  • 酸化チタン
  • 水添ヒマシ油
  • 金属イオン封鎖剤
  • ワセリン
  • 体質顔料
  • スクワレン
  • 安定化成分
  • ビタミンC
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(128) 皮膚のしくみ(92)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(33) 法律・基準(97)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(186) 技術・処方(71)
    機能・効果(48) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(12)
    評価・試験(48)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(71) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(106) ベースメイク(72)
    ポイントメイク(45) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(65) 物流・流通(49)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(34)
    販売(70) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(34)
    肌状態・タイプ(64) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(87) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ