肝斑の意味

肝斑【カンパン】
 
<用語解説>
肝斑とは
頬骨に沿って左右対称に群がるようにできる薄褐色のシミのこと。もやっとしていて境界線がはっきりしていないことが特徴。
もっと詳しい「肝斑」
30代から40代に多く見られるシミの一種で、頬骨に沿って左右対称にでき、境界線がはっきししていないのが特徴です。目の周りには見られません。口の周りや鼻の下にも左右対称にできることもあり、色は薄褐色が多いですが灰色っぽく見えるものもあります。女性ホルモンのバランスが崩れた時に出やすいため、女性ホルモンが変化する妊娠中の女性にも見られることがあります。

紫外線を浴びることでもさらに濃くなるので、紫外線対策は必要です。スキンケアでは美白のお手入れが主流になりますが、トラネキサム酸の内服薬も販売されています。

肝斑はレーザー治療によって悪化する場合があります。肝斑を老人性色素斑と間違ってシミ取りレーザーを行うと肝斑がさらに濃くなってしまうことがあります。肝斑と老人性色素斑が混在していることも多く、この場合は確実に老人性色素斑だけにレーザーを照射できるよう、まずはトラネキサム酸とビタミンCの内服薬治療で肝斑を薄くすることが優先されます。肝斑か老人性色素斑かの判断は難しいこともあるので、皮膚科医の診断を受けることが大切です。

<シミ・メラニンの関連用語>
  • メラニン排出
  • 色素斑
  • メラニン
  • 肝斑
  • 日光黒子
  • シミ
  • サンタン
  • 色素形成細胞
  • メラニン還元
  • 慢性微弱炎症
  • 雪焼け
  • チロシナーゼ
  • 情報伝達物質
  • デンドライト
  • メラノサイト
  • 基底膜
  • ソバカス
  • 色素細胞
  • メラノソーム
  • メラニン色素
  • 老人性色素斑
  • 色素沈着
  • 炎症後色素沈着
  • 酵素チロシナーゼ
  • 樹状突起
  • メラニン生成
  • チロシン
  • メラニン合成
  • 用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(102) 皮膚のしくみ(85)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(14)
    法律・基準(81) 組織・団体(18)
    資格(5) 海外(15)

    原料・中身

    成分(153) 技術・処方(52)
    機能・効果(35) 使い心地(27)
    色・質感(20) 剤型(10)
    評価・試験(14)

    企画・開発

    企画(34) 調査(19)
    表示(59)

    カテゴリー別

    スキンケア(91) ベースメイク(56)
    ポイントメイク(32) UVケア(36)
    ボディケア(10) ヘアケア(47)
    フレグランス(37) 用具(11)

    生産・流通

    製造・生産(40) 物流・流通(29)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(36) 店舗・売り場(42)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(11)
    うるおい(4) 乾燥・肌荒れ(7)
    日焼け(9) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(16) その他の肌トラブル(20)
    肌状態・タイプ(62) 紫外線(13)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(39) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(14) 広報・PR(10)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ