アクネ菌の意味

アクネ菌【アクネキン】
 
<用語解説>
アクネ菌とは
皮膚の常在菌の一つでニキビができる原因となる菌。
もっと詳しい「アクネ菌」
皮膚の常在菌は好気性菌と嫌気性菌に大きく分けられます。好気性菌は大気中で生育できる菌で、嫌気性菌は酸素欠乏状態が繁殖に適している菌です。アクネ菌は嫌気性菌であるため、普段から毛穴の奥や皮脂腺の中に存在することが多く、コメドなどで毛穴がふさがり皮脂がたまって空気が遮断される環境はアクネ菌にとって都合のよい環境です。

この環境は、アクネ菌が作り出す酵素リパーゼが活性しやすい環境です。酵素リパーゼは、皮脂成分中のトリグリセライドを分解して皮膚に刺激を与える遊離脂肪酸を発生させます。この遊離脂肪酸が毛穴の毛のう壁周辺に刺激を与えることで炎症が誘発されます。
毛のう壁が刺激を受けると周囲の角化が進み、皮脂の出口である毛穴がふさがると、皮脂が排出されずにたまり炎症がさらに進みます。
<ニキビの関連用語>
  • 尋常性ざ瘡
  • 思春期ニキビ
  • アクネ桿菌
  • ざ瘡
  • 詰まり毛穴
  • クレーター
  • 帯状毛穴
  • 成人性ニキビ
  • 面皰
  • 毛穴の目立ち
  • 大人ニキビ
  • アクネ菌
  • ニキビ
  • コメド
  • 開き毛穴
  • 用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(105) 皮膚のしくみ(87)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(15)
    法律・基準(87) 組織・団体(19)
    資格(5) 海外(15)

    原料・中身

    成分(155) 技術・処方(51)
    機能・効果(36) 使い心地(27)
    色・質感(20) 剤型(10)
    評価・試験(16)

    企画・開発

    企画(34) 調査(20)
    表示(61)

    カテゴリー別

    スキンケア(91) ベースメイク(57)
    ポイントメイク(32) UVケア(36)
    ボディケア(10) ヘアケア(47)
    フレグランス(37) ネイル(0)
    用具(11) 健康食品(2)

    生産・流通

    製造・生産(41) 物流・流通(34)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(40) 店舗・売り場(43)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(4) 乾燥・肌荒れ(7)
    日焼け(9) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(16) その他の肌トラブル(23)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(13)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(39) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(15) 広報・PR(11)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ