メラニン還元の意味

メラニン還元【メラニンカンゲン】
 
<用語解説>
メラニン還元とは
メラニン生成過程などでメラニン生成を遅らせたりメラニンの色を薄くしたりすること。メラニン生成における酸化反応を還元作用によって抑えること。
もっと詳しい「メラニン還元」
紫外線などの刺激を受けると、メラニンを作れという情報伝達物質がメラノ細胞に向けて出されます。その情報を受け、メラノサイト内で酵素チロシナーゼという物資が活性することでメラニン生成が始まります。
具体的にはメラノサイト内にあるチロシンがチロシナーゼとの反応で酸化し、チロシン→ドーパ→ドーパキノン→メラニンというように変化しながら最終的に色の濃いメラニンになります。このメラニン生成の過程では酸化反応が多いため、ビタミンCによる還元作用によってメラニン生成を前の段階に戻す結果、メラニン生成が遅くなったりメラニンの色が薄くなったりすることをメラニン還元と言います。また、メラニン生成過程だけでなく、それによってできたメラニンの色を淡色化することもメラニン還元と言われます。

ビタミンC誘導体は主に
●メラノサイト内でドーパキノンをドーパに戻すなど前の段階に戻す
●メラノサイトから角化細胞に受け渡されたメラニンを角化の過程で薄くする
というメラニン還元作用を持って美白効果を発揮します。
<シミ・メラニンの関連用語>
  • 色素沈着
  • 老人性色素斑
  • 色素形成細胞
  • メラノソーム
  • 慢性微弱炎症
  • チロシナーゼ
  • メラニン排出
  • 炎症後色素沈着
  • メラニン
  • メラノサイト
  • ソバカス
  • メラニン還元
  • 酵素チロシナーゼ
  • シミ
  • 基底膜
  • メラニン生成
  • 雪焼け
  • 色素斑
  • 樹状突起
  • 情報伝達物質
  • メラニン合成
  • サンタン
  • デンドライト
  • 日光黒子
  • チロシン
  • 肝斑
  • 色素細胞
  • メラニン色素
  • 用語のカテゴリー

    全般

    全般(117) 皮膚のしくみ(88)
    毛髪のしくみ(23) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(27) 法律・基準(94)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(175) 技術・処方(66)
    機能・効果(45) 使い心地(27)
    色・質感(38) 剤型(11)
    評価・試験(46)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(26)
    表示(70) 施策(3)
    マーケティング(19)

    製品カテゴリー

    スキンケア(102) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(40) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(48) ネイル(23)
    用具(16) 健康食品(13)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(55) 物流・流通(46)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(35) 販促(34)
    販売(67) 店舗・売り場(53)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(31)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(74) パッケージ(28)
    その他(11)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ