合成成分の意味

合成成分【ゴウセイセイブン】
 
<用語解説>
合成成分とは
化学的な方法で合成した成分のこと。
天然成分
の良い点を生かし、不純物の混じりや安定性、安定的供給性など弱点をなくした成分。

コスメコンシェルジュから一言

天然原料(天然成分)や天然由来原料(天然由来成分)を好む傾向は強まる一方で、合成原料(合成成分)がますます悪者扱いされる傾向にあるようです。体や肌には天然や自然のものは良いが、合成されたものは危険というイメージが定着している表れでしょう。

しかし例えば、ウルシ科やイチョウ科の植物など触るだけで肌がかぶれるものが自然界には多くあります。美容成分が豊富なことが知られているイチョウ科のギンナンでさえそうなのです。合成原料(成分)の中にももちろん危険なものがありますが、天然原料(成分)の中にも明らかに危険なものがあるということです。合成原料(成分)は人が作ったものなので、天然原料(成分)とは違ってその組成がはっきりわかっているため、肌によくない部分を取り除くということがしやすいというメリットがあり、この点では合成原料(成分)のほうが安全性が高いと考えられます。ぜひ化粧品選択の際には、主要成分が天然か天然由来か合成かといった点ではなく、その化粧品全体として、つまりその化粧品そのものが肌に合うかどうかで選びたいものです。
<成分の関連用語>
  • タルク
  • 合成成分
  • エチルアルコール
  • エチルパラベン
  • 精製水
  • 雲母チタン
  • 酸化チタン
  • 粉状
  • パラベン
  • ヒマシ油
  • 4MSK
  • 天然原料
  • 保湿剤
  • ラメ
  • エモリエント剤
  • 着色顔料
  • 脱色剤
  • 天然成分
  • アンホ界面活性剤
  • 水性成分
  • 金属イオン封鎖剤
  • 安定化剤
  • 変性アルコール
  • 粉末成分
  • パール剤
  • 天然由来原料
  • ポジネガ分析
  • 着色成分
  • 美容成分
  • DPG
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(103) 皮膚のしくみ(86)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(14)
    法律・基準(80) 組織・団体(18)
    資格(5) 海外(15)

    原料・中身

    成分(153) 技術・処方(52)
    機能・効果(35) 使い心地(27)
    色・質感(20) 剤型(10)
    評価・試験(14)

    企画・開発

    企画(34) 調査(19)
    表示(59)

    カテゴリー別

    スキンケア(91) ベースメイク(56)
    ポイントメイク(32) UVケア(36)
    ボディケア(10) ヘアケア(47)
    フレグランス(37) 用具(11)

    生産・流通

    製造・生産(39) 物流・流通(29)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(36) 店舗・売り場(42)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(4) 乾燥・肌荒れ(7)
    日焼け(9) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(16) その他の肌トラブル(20)
    肌状態・タイプ(62) 紫外線(12)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(39) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(14) 広報・PR(10)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ