米国パーソナルケア製品評議会の意味

米国パーソナルケア製品評議会【Personal Care Products Council】
 
<用語解説>
米国パーソナルケア製品評議会とは
米国にある世界的な化粧品の業界団体のこと。
「化粧品の国連」とも呼ばれる世界的な化粧品の業界団体で、英語名を略して{PCPC}と呼ばれることが多い。INCIもここで作られている。
CTFAであるため、当時のまま米国化粧品工業会とも呼ばれる。
もうちょっと詳しく
PCPC(旧CTFA)は、ワシントンD.C.を拠点にした世界的な化粧品およびパーソナルケア製品産業を代表する大手の米国事業者団体で、今日のビューティー界において最も権威があります。
1894年に設立され、米国内で製造、出荷、販売、供給されたパーソナルケア製品の大半を占める600以上の会員企業があります。PCPCは、この600以上の会員企業に向け、パーソナル製品産業に関わる、科学的、法的、そして規制や立法、国際的な課題に関して考え方を示しています。この産業界や、消費者の安全性と新しく革新的な製品の創出のためPCPCは産業界をリードし信頼できる情報源となっています。

世界中の市場情報をまとめたり、ICIDを発行したりしており、PCPCの正会員企業は世界の有力メーカーが使用している成分に関する最新情報をリアルタイムで得ることができます。

<組織・団体の関連用語>
  • 日本輸入化粧品協会
  • 米国化粧品工業会
  • インターカラー
  • 日本香粧品学会
  • IFSCC大会
  • FDA
  • 日本ヘアカラー工業会
  • PCPC
  • ICID
  • 米国パーソナルケア製品..
  • 日本石鹸洗剤工業会
  • IFSCC
  • CAS登録番号
  • 化粧品工業連合会
  • CTFA
  • 日本流行色協会
  • 化粧品公正取引協議会
  • HQ
  • アットコスメ
  • 日本化粧品技術者会
  • 日本化粧品検定協会
  • JAFCA
  • 日本化粧品工業連合会
  • BVP
  • CASナンバー
  • 粧工連
  • 用語のカテゴリー

    全般

    全般(129) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(35) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(199) 技術・処方(77)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(13)
    評価・試験(49)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(72) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(106) ベースメイク(78)
    ポイントメイク(49) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(5)

    生産・流通

    製造・生産(72) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(35)
    販売(70) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(35)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(87) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ