プラスミンの意味

プラスミン
 
<用語解説>
プラスミンとは
肌あれを起こしている肌の表皮層に広く存在しているタンパク質分解酵素。
もっと詳しい「プラスミン」
プラスミンは血液中に含まれ血栓を溶かす作用のあるタンパク質分解する酵素であることはよく知られていますが、肌では表皮層内に存在しています。

ターンオーバーが正常な場合、プラスミンは表皮層の中でも基底層のみに存在していますが、肌荒れを起こしている肌はプラスミンが表皮層に広く分布していることがわかっています。これは、紫外線や酸化、乾燥などの刺激を肌が受けることにより、プラスミンが過剰に活性して基底層から上層に向けて上がりながら表皮全体に広がり、その結果、表皮細胞の分裂や増殖を邪魔します。このためターンオーバー、特に角化の過程が乱れ、肌あれが起こります。

トラネキサム酸は直接このプラスミンに働きかけて、過剰な状態を正常な状態に整えます。それによりターンオーバーが正常になることで肌荒れ改善につながります。

<皮膚のしくみの関連用語>
  • 角栓
  • 基底細胞
  • 角層
  • セラミド
  • アポクリン腺
  • 汗腺
  • メラニン生成
  • 角片
  • ケラチノサイト
  • 表皮
  • 情報伝達物質
  • チロシナーゼ
  • ノネナール
  • ニキビ
  • ランゲルハンス細胞
  • アクネ桿菌
  • バリア機能
  • アクネ菌
  • 網状層
  • NMF
  • 基底膜
  • 天然保湿因子
  • 膠原線維
  • ターンオーバー
  • 大汗腺
  • メラニン排出
  • 起毛筋
  • 皮膚
  • 慢性微弱炎症
  • 基底層
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(121) 皮膚のしくみ(87)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(33)
    法律・基準(88) 組織・団体(20)
    資格(5) 海外(16)

    原料・中身

    成分(159) 技術・処方(60)
    機能・効果(44) 使い心地(27)
    色・質感(28) 剤型(10)
    評価・試験(41)

    マーケティング

    商品開発(45) 調査(23)
    表示(67) 施策(2)
    マーケティング(14)

    カテゴリー別

    スキンケア(96) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(38) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(38) ネイル(38)
    用具(15) 健康食品(13)

    生産・流通

    製造・生産(52) 物流・流通(39)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(61) 店舗・売り場(51)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(5) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(30)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(41) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(25) 広報・PR(17)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20  |  確認テスト21-30  |  確認テスト31-40  |  確認テスト41-50
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ