チロシナーゼの意味

チロシナーゼ
 
<用語解説>
チロシナーゼとは
メラニン生成に必要なメラノサイト内にある酸化酵素のこと。「酵素チロシナーゼ」と言うこともある。
もっと詳しい「チロシナーゼ」
一般的にシミは過剰なメラニン生成によってできます。そのメラニン生成の一番の原因は紫外線だと考えられていますが、この紫外線の刺激によってメラノサイトが活性化されると、まず最初にこのチロシナーゼが活性します。

メラノサイト内にはアミノ酸の一種であるチロシンと呼ばれるものが存在しますが、このチロシンがチロシナーゼと反応し次々酸化のステップを経てメラニンになります。大まかなステップは「チロシン→ドーパ→ドーパキノン→メラニン」というものですが、チロシナーゼは活性するとチロシンをドーパに変化させ、さらにドーパをドーパキノンに変化させる部分に関与します。

メラニン生成は「メラニンを作れ」と言ういくつかの情報伝達物質を受けて始まります。シミには様々なタイプがあるので、それらによってどんな情報が伝えられたとしてもメラニン生成はチロシナーゼの活性から始まるのです。そこで美白薬剤にはチロシナーゼの活性を抑制する効果があるものがよく見られます。
またチロシナーゼは紫外線などの影響を受けずとも、シミなどの皮膚がすでに色素沈着した部位でも活性化していることが多くあります。
<シミ・メラニンの関連用語>
  • 酵素チロシナーゼ
  • ソバカス
  • メラニン排出
  • チロシナーゼ
  • 日光黒子
  • 肝斑
  • 基底膜
  • メラニン色素
  • メラニン
  • 色素沈着
  • 慢性微弱炎症
  • 樹状突起
  • メラニン生成
  • 色素斑
  • チロシン
  • 情報伝達物質
  • シミ
  • 雪焼け
  • メラノソーム
  • メラニン合成
  • メラノサイト
  • 色素形成細胞
  • 色素細胞
  • サンタン
  • デンドライト
  • メラニン還元
  • 炎症後色素沈着
  • 老人性色素斑
  • 用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(121) 皮膚のしくみ(87)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(33)
    法律・基準(88) 組織・団体(20)
    資格(5) 海外(16)

    原料・中身

    成分(159) 技術・処方(60)
    機能・効果(44) 使い心地(27)
    色・質感(28) 剤型(10)
    評価・試験(41)

    マーケティング

    商品開発(45) 調査(23)
    表示(67) 施策(2)
    マーケティング(14)

    カテゴリー別

    スキンケア(96) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(38) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(38) ネイル(38)
    用具(15) 健康食品(13)

    生産・流通

    製造・生産(52) 物流・流通(39)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(61) 店舗・売り場(51)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(5) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(30)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(41) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(25) 広報・PR(17)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20  |  確認テスト21-30  |  確認テスト31-40  |  確認テスト41-50
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ