日本化粧品検定の意味

日本化粧品検定【ニホンケショウヒンケンテイ】
 
<用語解説>
日本化粧品検定とは
日本化粧品検定協会が実施する化粧品についての知識のスペシャリストを育成するための検定のこと。
もっと詳しい日本化粧品検定
日本化粧品検定は、「化粧品のよし悪しを評価するのではなく、化粧品の中身や働きを理解し、目的に合った使い方ができるようになることを目指しています」とされています。

一人ひとりに合う化粧品が選択でき、より正しくより効果的に使えるようになること、あるいは提案できるようになることを目的として、化粧品の開発者を中心に、皮膚科医、大学教授、美容家と共けに検定内容がまとめられ、1級から3級まであります。

3級は2012年5月からWEB上でいつでも受験可能、1級と2級は2013年11月24日に第1回の検定が実施されました。3級は無料で受験でき、全ての級が合格すると合格証書をもらえます。

さらに、1級合格者には「コスメコンシェルジュ」という資格、コスメコンシェルジュには「コスメコンシェルジュインストラクター」という資格が設けられています。(研修プログラムの受講など一定条件あり)

公式テキストとして「日本化粧品検定協会公式コスメの教科書」(税込 1,890円)があります。
出版社:主婦の友社、発売日:2013年9月13日
各級のレベル
問われる知識
3級 入門編。化粧品について学ぶにあたって必要な初歩的知識が問われます。
2級 基礎編。自分が正しく化粧品を理解し、活用するための基礎的知識が問われます。具体的には、悩みに応じた化粧品やメイク方法、紫外線・食事・運動・睡眠など美肌に影響を与える要因についての基礎知識が必要です。
1級 応用編。2級の内容に加え、化粧品の中身(成分)まで理解し、科学的根拠のある正しい知識で化粧品の活用法を提案できる化粧品の専門家としての知識が問われます。
<資格の関連用語>
  • 日本化粧品検定
  • マーチャンダイザー
  • コスメコンシェルジュ
  • コスメ検定
  • コスメコンシェルジュイ..
  • 用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(121) 皮膚のしくみ(87)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(33)
    法律・基準(88) 組織・団体(20)
    資格(5) 海外(16)

    原料・中身

    成分(159) 技術・処方(60)
    機能・効果(44) 使い心地(27)
    色・質感(28) 剤型(10)
    評価・試験(41)

    マーケティング

    商品開発(45) 調査(23)
    表示(67) 施策(2)
    マーケティング(14)

    カテゴリー別

    スキンケア(96) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(38) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(38) ネイル(38)
    用具(15) 健康食品(13)

    生産・流通

    製造・生産(52) 物流・流通(39)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(61) 店舗・売り場(51)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(5) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(30)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(41) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(25) 広報・PR(17)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20  |  確認テスト21-30  |  確認テスト31-40  |  確認テスト41-50
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ