モイスチャーバランスの意味

モイスチャーバランス【moisture balance】
 
<用語解説>
モイスチャーバランスとは
1.角層にもともと存在する水分・脂質・NMFの3つによる肌のうるおいバランスのこと
2.角層の水分・脂質・NMFのうち足りないものをスキンケア化粧品の水分・油分・保湿剤で補った肌のうるおいバランスのこと
もうちょっと詳しい肌のモイスチャーバランス
美しい肌を保つためには、表皮の一番外側にある角層のモイスチャーバランスを良好に保つことが大切です。

モイスチャーバランスとは、
●角層の10-20%を占める「水分」
●皮脂膜として肌表面で水分蒸発を防いだり、細胞間脂質としてバリア機能と水分保持機能を発揮する「脂質」
●細胞の中で水を抱え込む「NMF
の3つのバランスのことです。

このバランスが良好に保たれることにより、皮膚は外界からの水分を吸収しようとする機能や細胞自らが抱えている水分を保持しようとする機能が働いて、角層の水分量を一定に保ち健やかな肌を持続させることができます。

しかし、加齢や紫外線などの影響で、モイスチャーバランスが乱れてしまうことがあります。「脂質」や「NMF」が足りないと、水分が逃げやすい状態になり、外部からの悪影響も受けやすくなって、肌のツヤがなくなったり、滑らかさがなくなったり、肌荒れ、ニキビ、カサつき、小じわなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

そこで、肌にもともとある「水分」「脂質」「NMF」に代わる物質をスキンケア化粧品によって補うことが重要になります。
●十分な「水分」
●「脂質」の代わりの「油分」
●「NMF」の代わりの「保湿剤」
を化粧品で補い、モイスチャーバランスを良好に保ちます。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • モイスチャーバランス
  • 独立皮脂腺
  • 皮脂腺
  • アクネ桿菌
  • 基質
  • 皮下組織
  • 基底細胞
  • 起毛筋
  • 毛乳頭
  • メラニン
  • 有棘層
  • チロシン
  • NMF
  • メラニン色素
  • 真皮幹細胞
  • 立毛筋
  • Uゾーン
  • ランゲルハンス細胞
  • 毛包
  • セラミド
  • 樹状突起
  • メラニン合成
  • 小汗腺
  • 皮脂膜
  • 膠原線維
  • アクネ菌
  • 網状層
  • メラニン生成
  • 皮膚生理
  • 幹細胞
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(103) 皮膚のしくみ(86)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(14)
    法律・基準(80) 組織・団体(18)
    資格(5) 海外(15)

    原料・中身

    成分(153) 技術・処方(52)
    機能・効果(35) 使い心地(27)
    色・質感(20) 剤型(10)
    評価・試験(14)

    企画・開発

    企画(34) 調査(19)
    表示(59)

    カテゴリー別

    スキンケア(91) ベースメイク(56)
    ポイントメイク(32) UVケア(36)
    ボディケア(10) ヘアケア(47)
    フレグランス(37) 用具(11)

    生産・流通

    製造・生産(39) 物流・流通(29)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(36) 店舗・売り場(42)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(4) 乾燥・肌荒れ(7)
    日焼け(9) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(16) その他の肌トラブル(20)
    肌状態・タイプ(62) 紫外線(12)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(39) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(14) 広報・PR(10)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ