三次元培養皮膚モデルの意味

三次元培養皮膚モデル【サンジゲンバイヨウヒフモデル】
 
<用語解説>
三次元培養皮膚モデル
皮膚由来の細胞(表皮細胞や真皮線維芽細胞)を培養し三次元的に作った皮膚のモデル。有用性安全性の確認に使われる人工的な実験用の皮膚モデル。疑似皮膚だが実際の皮膚とほぼ同じ構造。以前だったらin vivoでしか確認できないことがin vitroで可能になるため、三次元培養皮膚モデルは動物実験の代替え法としても知られる。
用語のカテゴリー

全般

全般(129) 皮膚のしくみ(95)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(35) 法律・基準(97)
組織・団体(25) 資格(5)
海外(16)

原料・中身

成分(197) 技術・処方(77)
機能・効果(48) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(12)
評価・試験(49)

マーケティング

商品開発(49) 調査(27)
表示(71) 施策(3)
マーケティング(20)

製品カテゴリー

スキンケア(106) ベースメイク(78)
ポイントメイク(47) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(55)
フレグランス(49) ネイル(25)
用具(17) 健康食品(20)
その他(5)

生産・流通

製造・生産(71) 物流・流通(50)
輸出入(23)

営業・販売

接客(36) 販促(34)
販売(70) 店舗・売り場(55)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(28)
くま・くすみ(8) ニキビ(16)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(35)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(87) パッケージ(31)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  会社紹介
Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ