フリーラジカルの意味

フリーラジカル
 
<用語解説>
フリーラジカルとは
肌の細胞に酸化ストレスを与え、肌トラブルを起こしたり肌老化を早めたりするなどの肌に様々な悪さをする物質。

もっと詳しい「フリーラジカル」
フリーラジカルは肌や美容の面にとどまらず、DNAを傷つけるなど生体に様々なダメージを与えることから重大な病気にもつながる物質と言われています。

肌ももちろん、そもそも人の体は細胞の集合体です。そして、その細胞は分子の集合体です。分子の中には2つで1組のペアになった電子がありますが、ペアになっていないシングルの電子を持つ分子も存在します。そのシングル電子を持つ分子がフリーラジカルで、シングル電子は非常に不安定なので安定するために他の分子から電子を奪ってペアを作ります。すると電子を1つ奪われシングル電子を持つことになった分子が今度はフリーラジカルになり、他の分子から電子を1つ奪おうとします。電子を奪われた分子は酸化された状態です。このようにフリーラジカルは反応性が高く、次々と分子を奪いながら(酸化させながら)細胞に酸化ストレスを与え、様々な肌トラブルを引き起こす原因になるのです。

フリーラジカルは生体内で生成されますが、紫外線や大気汚染などの外部刺激によっても生成され、喫煙も影響します。肌のバリア機能が衰えていると、紫外線などの外部刺激を受けやすいだけでなく、それらの外部刺激によってフリーラジカルが肌内部に発生しやすい状態になります。フリーラジカルにはいくつかの種類がありますが、その中でも特に悪さする物質として活性酸素が知られています。

活性酸素は酸化力が強力な酸素で本来は外部刺激から細胞を守る重要な働きをしていますが、それだけに防衛力が高い物質なので、活性酸素が過剰になると酸化ストレスを生み出し、細胞やDNAにダメージを与えます。活性酸素は細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸と結びついて酸化させ、過酸化脂質という有害な物質を作りだします。過酸化脂質は細胞内部に浸透する性質があり、肌の細胞や組織にダメージを与えるので、メラニン生成を促してシミの原因となったり、皮脂を酸化させてニキビをつくったり、コラーゲン線維エラスチン線維にダメージを与えてしわやたるみなど肌の老化症状を引き起こします。

そこで紫外線や大気汚染を浴びたことで発生するフリーラジカルを安定させたり消去させたりする機能をもった化粧品も出ています。日焼け止めならば、フリーラジカルを安定させたり、消去させたりすることでメラニンを作れという情報伝達物質の発生を抑えることができるという商品設計です。
用語のカテゴリー

全般

全般(131) 皮膚のしくみ(95)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(100)
組織・団体(26) 資格(5)
海外(16)

原料・中身

成分(200) 技術・処方(77)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(13)
評価・試験(53)

マーケティング

商品開発(50) 調査(27)
表示(73) 施策(3)
マーケティング(22)

製品カテゴリー

スキンケア(108) ベースメイク(79)
ポイントメイク(51) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(55)
フレグランス(49) ネイル(25)
用具(18) 健康食品(20)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(72) 物流・流通(50)
輸出入(23)

営業・販売

接客(36) 販促(36)
販売(70) 店舗・売り場(56)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(28)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(90) パッケージ(32)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.