アミノ酸の意味

アミノ酸【アミノサン】
 
<用語解説>
アミノ酸とは
タンパク質を構成する最小単位の成分のこと。
もっと詳しい「アミノ酸」
自然界には多くのアミノ酸が存在し、その数は500種とも言われています。そのうち人のタンパク質を構成するのに必要なアミノ酸は20種類です。20種類のうち体内で合成されない、あるいは合成されにくいものを必須アミノ酸といい、食べ物などから摂取しなければなりません。体内で合成されるアミノ酸は非必須アミノ酸と言いますが、人にとっての重要性は必須アミノ酸と変わりません。
肌や髪には17種のアミノ酸が含まれており、それによって肌や髪の水分や弾力が保たれています。例えば肌の天然保湿因子であるNMFは約4割がアミノ酸、そして1割強がアミノ酸の一種であるグルタミン酸からできるピロリドンカルボン酸です。肌のハリを保つコラーゲンも様々なアミノ酸からできています。
タンパク質は50個~数千個のアミノ酸がつながってできているだけあり、アミノ酸は生命の源とも言えるでしょう。最も小さいものが51個のつながりを持つインシュリンです。
用語のカテゴリー

全般

全般(131) 皮膚のしくみ(95)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(100)
組織・団体(26) 資格(5)
海外(16)

原料・中身

成分(200) 技術・処方(77)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(13)
評価・試験(53)

マーケティング

商品開発(50) 調査(27)
表示(73) 施策(3)
マーケティング(22)

製品カテゴリー

スキンケア(108) ベースメイク(79)
ポイントメイク(51) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(55)
フレグランス(49) ネイル(25)
用具(18) 健康食品(20)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(72) 物流・流通(50)
輸出入(23)

営業・販売

接客(36) 販促(36)
販売(70) 店舗・売り場(56)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(28)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(90) パッケージ(32)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.