スクワレンの意味

スクワレン
 
<用語解説>
スクワレンとは
主に鮫の肝油から得られる不飽和炭化水素のこと。
もっと詳しい「スクワレン」
スクワレンは深海鮫の肝臓に多量に含まれる肝油から得られる不飽和炭化水素で、オリーブ油や人の皮脂にも少量存在します。酸化しやすい性質であるため化粧品には適していません。そこで化粧品にはスクワレンを水素添加によりスクワランとしてから使用します。スクワレンとスクワランは名前は似ていますが異なるものです。

●表示名称とINCI名
【表示名称】スクワレン、【INCI名】SQUALENE
<成分の関連用語>
  • 増粘剤
  • 親油性
  • 薬剤
  • ヒューメクタント
  • AA-2G
  • パパイン
  • 超微粒子酸化チタン
  • アルブチン
  • APM
  • 混合
  • 旧表示指定成分
  • 着香成分
  • 紫外線防止剤
  • アスコルビルグルコシド
  • 油脂
  • 基原
  • 体質顔料
  • 有効成分
  • 紫外線散乱剤
  • 保湿成分
  • ノニオン界面活性剤
  • パール顔料
  • アンホ界面活性剤
  • 精油
  • 真珠光沢顔料
  • 基剤
  • プレミックス
  • グリセロール
  • 天然由来原料
  • スクワレン
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(129) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(35) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(199) 技術・処方(77)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(13)
    評価・試験(49)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(72) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(106) ベースメイク(78)
    ポイントメイク(49) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(5)

    生産・流通

    製造・生産(72) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(35)
    販売(70) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(35)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(87) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ