バリア機能の意味

バリア機能【バリアキノウ、barrier function】
 
<用語解説>
バリア機能とは
体内の水分が出ていくのを防ぐとともに、外部からの刺激や異物が体内に侵入するのを防ぐ機能のこと。
肌のバリア機能をもっと詳しく
バリア機能は肌が本来持っている防御機能であり、角層の最も大切な役割とも言えます。
体内の水分が簡単に体外に蒸散してしまわないように防御する機能と外部からの刺激や異物の侵入を防ぐ機能の総称です。

主に細胞間脂質皮脂膜によりその機能は担われていますが、特に細胞間脂質は大切です。バリア機能が正常な肌は細胞間脂質が細胞と細胞の間を隙間なくきっちり満たしているため、水分が逃げず、外からの刺激を中に侵入させない構造になっています。しかし、細胞間脂質のメイン成分であるセラミドなどの不足によりバリア機能が低下している肌は細胞間脂質が減少し、細胞と細胞の間が隙間だらけになっているため、水分が逃げやすく、外的刺激が入りやすい状態にあり、肌トラブルの原因になります。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • バリア機能
  • 毛球
  • プラスミン
  • モイスチャーバランス
  • 表皮幹細胞
  • ニキビ
  • 基質
  • 毛穴
  • 角層
  • ノネナール
  • 角質層
  • 表皮
  • 角栓
  • 情報伝達物質
  • エラスチン線維
  • アポクリン腺
  • pH
  • メラニン
  • 乳頭層
  • 角化細胞
  • ターンオーバー
  • チロシナーゼ
  • アクネ桿菌
  • 真皮
  • 網状層
  • ホメオスタシス
  • アクネ菌
  • メラニン生成
  • ケラチノサイト
  • 独立皮脂腺
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(121) 皮膚のしくみ(87)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(33)
    法律・基準(88) 組織・団体(20)
    資格(5) 海外(16)

    原料・中身

    成分(159) 技術・処方(60)
    機能・効果(44) 使い心地(27)
    色・質感(28) 剤型(10)
    評価・試験(41)

    マーケティング

    商品開発(45) 調査(23)
    表示(67) 施策(2)
    マーケティング(14)

    カテゴリー別

    スキンケア(96) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(38) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(38) ネイル(38)
    用具(15) 健康食品(13)

    生産・流通

    製造・生産(52) 物流・流通(39)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(61) 店舗・売り場(51)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(5) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(30)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(41) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(25) 広報・PR(17)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20  |  確認テスト21-30  |  確認テスト31-40  |  確認テスト41-50
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ