成分の意味

成分【セイブン】
 
<用語解説>
成分とは
製造された化粧品の中に含まれているそれぞれの物質のこと。
原料と成分
例えば、石鹸の製造方法を見てみると、石鹸は混ぜたり練ったりするのではなく化学反応でつくる製品です。ヤシ油やパーム油などの油脂と水酸化ナトリウムなどのアルカリ性物質による反応です。

この反応によってできるものが石ケン素地と呼ばれるものです。しかし、出来上がった石ケン素地の中には、油脂や水酸化ナトリウムは含まれておらず、その性質すらも残っていません。このように化粧品を製造する過程で化学反応を用いた結果、添加した物質が化学反応によって変化する前と後で性質がまったく違うものに変わることがあります。この場合、油脂やアルカリ性物質は原料であり成分とは言いません。

なお、石ケン素地に必要に応じて香料や保湿剤などを加え、枠練りや機械練りなどの方法によって固めたものが一般的に石鹸として見られるもので、その成分は石ケン素地と保湿剤、香料などになります。

しかし、化粧品は石鹸のように化学反応によってつくることが少なく、たいていは原料=成分と考えられます。例えば、油脂と乳化剤と水を原料として作ったクリームの中には、油脂も乳化剤も水ももとの性質が残ったまま配合されています。ここで添加された油脂、乳化剤、水は原料であると同時に成分であると言えます。

一般的に、化粧品の中身に使う物質について、製造までの段階では原料と呼び、出来上がった後は成分と呼ぶことが多いです。
<成分の関連用語>
  • アスコルビルグルコシド
  • 無機顔料
  • 添加
  • ツバキ油
  • 紫外線防止剤
  • 清涼剤
  • ラメ
  • 水添
  • 超微粒子酸化チタン
  • ロウ
  • パラベンフリー
  • 成分
  • ホホバ種子オイル
  • 染料
  • 粉状
  • DPG
  • カルボマー
  • パール顔料
  • 水溶性
  • グリセリン
  • APM
  • 水溶性成分
  • 増粘剤
  • 偏光パール
  • 酸化亜鉛
  • グリッター
  • ビタミンC
  • 主剤
  • D&C
  • 訴求成分
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(128) 皮膚のしくみ(92)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(33) 法律・基準(97)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(184) 技術・処方(71)
    機能・効果(48) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(12)
    評価・試験(48)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(71) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(105) ベースメイク(71)
    ポイントメイク(41) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(61) 物流・流通(49)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(35) 販促(34)
    販売(69) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(33)
    肌状態・タイプ(64) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(86) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ