キレート剤の意味

キレート剤【キレートザイ】
 
<用語解説>
キレート剤とは
品質を劣化させる金属イオンから化粧品を守る安定化剤のこと。金属イオン封鎖剤とも言う。
もっと詳しい「キレート剤」
金属イオンとは金属が水の中に溶けている状態のことを言います。金属イオンはわずかな量でも化粧品に配合された成分に影響を与え、色や匂いの変化、粘度低下、乳化状態の破壊などの品質劣化を招きます。金属イオンが有効成分とくっつくと、有効成分は化粧品に溶け込まず沈澱してしまい、結果その化粧品本来の効果を発揮できなくなることもあります。この金属イオンの悪い働きを抑えるためにキレート剤が使われます。

カルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどの金属イオンは水に溶けやすいため、またもともと固体の鉄や銅なども条件によっては水に溶けやすいため、水には多くの金属イオンが含まれています。化粧品は一般的に水道水ではなく精製水を用いて製造されます。精製水には金属イオンが含まれてないからです。
しかし一方で、金属イオンは肌や体に悪いわけではなく、金属イオンの性質は積極的に利用されています。例えば、肌活性を期待したマグネシウムイオンやカルシウムイオン、抗菌や消臭を期待した銀イオンなどがあります。温泉水がコンセプト成分のスキンケア製品がよくありますが、温泉には多くのミネラル分、つまり金属イオンが含まれているのです。

キレートとはギリシャ語の「カニのはさみ」に由来し、カルシウムなどのミネラル分をはさみで掴むように包み込むイメージです。この包み込むことがキレート(金属封鎖)という作用です。金属イオンを別の物質で包み込むことによって、本来の配合目的を果たしつつ、品質低下に関与する働きはさせないようにするのです。

代表的なキレート剤にはEDTAやクエン酸などがあります。
<成分の関連用語>
  • 硬化ヒマシ油
  • APM
  • エモリエント剤
  • 有効成分
  • 忌避剤
  • ホホバ種子油
  • 天然色素
  • オリーブ油
  • 水添ヒマシ油
  • ビタミンC
  • 非イオン性界面活性剤
  • 紫外線防止剤
  • ヒアルロン酸
  • 精製水
  • 補助成分
  • メチルパラベン
  • グリセロール
  • エチルアルコール
  • 真珠光沢顔料
  • バイオヒアルロン酸
  • AA-2G
  • 保湿成分
  • 油脂
  • 酸化防止剤
  • ノニオン界面活性剤
  • ネガティブリスト
  • カチオン
  • 粉状
  • 着香成分
  • 水性成分
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(128) 皮膚のしくみ(92)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(33) 法律・基準(97)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(184) 技術・処方(71)
    機能・効果(48) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(12)
    評価・試験(48)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(71) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(105) ベースメイク(71)
    ポイントメイク(41) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(61) 物流・流通(49)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(35) 販促(34)
    販売(69) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(33)
    肌状態・タイプ(64) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(86) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ