エイジングケアの意味

エイジングケア
 
<用語解説>
エイジングケアとは
アンチエイジングを目的としたお手入れのこと。「エイジングケア」の言葉の使用には規制があるので要注意。
もっと詳しい「エイジングケア」
日本化粧品工業連合会による「化粧品等の適正広告ガイドライン」において「エイジングケアとは、加齢によって変化している現在の肌状態に応じて、化粧品等に認められた効能・効果の範囲内で行う、年齢に応じた化粧品等によるケアのことである」と定義されています。

老化とともにシワやたるみ、シミなどの肌症状が出ます。そしてそれに対応したお手入れなどをアンチエイジングと言います。しかし老化への対抗を意味する「アンチエイジング」の言葉は商品パッケージや広告などで使えませんし、それをイメージさせる表現もできません。それは「化粧品の効能効果の範囲」と「薬用化粧品の効能効果の範囲」を超えるからです。

そこで代わりに「エイジングケア」の言葉が使えるのですが、定義にもあるようにあくまでも化粧品などの効能効果の範囲を超えてはなりません。例えば、「エイジングケア」を標榜し、その効果として加齢によるシワやたるみ、シミを予防・改善するとか、肌が若返るといったイメージを与える訴求はできません。さらに「エイジングケアとは年齢に応じたうるおいによるお手入れ」といた注釈をつけることが一般的です。

ただし、加齢によるものではなく、「乾燥による小じわ」は化粧品で、「日焼けによるしみ」は医薬部外品で、しばり表現を付けるなど一定のルールのもと訴求ができます。また、メーキャップ効果によってシワやたるみ、シミをカバーして目立たなくするような表現はできます。
「エイジングケア」に限ることではありませんがNG表現とならないよう訴求においてはガイドラインを参照し、よく注意する必要があります。
<アンチエイジングの関連用語>
  • アンチエイジング
  • エイジング
  • シミ
  • 抗しわ
  • 光老化
  • 老人性色素斑
  • マチュア
  • エラスチン線維
  • 抗老化
  • 線維芽細胞
  • コラーゲン線維
  • 肌老化
  • エイジングケア
  • 用語のカテゴリー

    全般

    全般(118) 皮膚のしくみ(88)
    毛髪のしくみ(23) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(27) 法律・基準(94)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(160) 技術・処方(61)
    機能・効果(45) 使い心地(27)
    色・質感(33) 剤型(10)
    評価・試験(40)

    マーケティング

    商品開発(48) 調査(26)
    表示(68) 施策(3)
    マーケティング(17)

    製品カテゴリー

    スキンケア(96) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(39) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(47) ネイル(22)
    用具(15) 健康食品(13)
    その他(2)

    生産・流通

    製造・生産(52) 物流・流通(41)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(33) 販促(35)
    販売(62) 店舗・売り場(53)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(5) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(31)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(64) パッケージ(23)
    その他(8)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20  |  確認テスト21-30  |  確認テスト31-40  |  確認テスト41-50
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ