安全性の意味

安全性【アンゼンセイ】
 
<用語解説>
安全性とは
その化粧品を安心して安全に使い続けられるかということ。
もっと詳しい 化粧品の安全性
化粧品の品質特性の中でもこの安全性は化粧品会社が最も重要視している特性です。
薬に比べ化粧品は皮膚などへの作用が穏やかである代わりに、消費者の判断で長期間使い続けられるので安全性を確保することは非常に大切であり、原料一つ一つの確認はもちろん、商品の企画・開発、製造や物流など全ての段階でお客様のあらゆるシーンを想定して原料レベルでも製品レベルでも安全性のチェックを行います。さらに中身を完全に使い終わった後の廃棄のことや環境への影響まで考えねばなりませんし、誤使用も想定しなければなりません。

具体的には、有害不純物が含まれていないかの分析テストや皮膚一次刺激性、皮膚累積刺激性、皮膚感作性光毒性、眼刺激性、経口毒性、破損などについて確認する試験が実施されます。
<全般の関連用語>
  • 薬店
  • 再商品化
  • ジャンボサイズ
  • 3R
  • バリエ
  • ベアスキン
  • 原材料
  • 制度品
  • 一般品
  • セルフ商品
  • 他社品
  • 下半期
  • 競合他社
  • 半顔
  • 原産国
  • ピアッシング
  • 異業種
  • 部外品
  • フェイシャル
  • メイク療法
  • 薬用化粧品の効能効果の..
  • 店活
  • コーポレートカラー
  • 色素性乾皮症
  • フォトジェニック
  • SS
  • プレゼン
  • マス商品
  • QOL
  • 新製品
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(129) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(35) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(199) 技術・処方(77)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(13)
    評価・試験(49)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(72) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(106) ベースメイク(78)
    ポイントメイク(49) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(5)

    生産・流通

    製造・生産(72) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(35)
    販売(70) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(35)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(87) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ