有効成分の意味

有効成分【ゆうこうせいぶん、Active ingredient】
 
<用語解説>
有効成分とは
特定の症状に対して効果効能があると厚生労働省に認可された成分のこと。医薬部外品に位置づけられる薬用化粧品に配合され、その薬用化粧品の効能効果を発揮する成分。
もっと詳しい有効成分
薬用化粧品は「化粧品に規定する目的の外に、ニキビ、肌荒れ、かぶれ、しもやけの防止又は皮膚或いは口腔の殺菌消毒に使用されるものであって、人体に対する作用が緩和なもの」と定義されますが、このニキビ、肌荒れ、かぶれ等の防止を目的に配合されるものが有効成分です。つまり、薬用化粧品と化粧品の大きな違いはこの有効成分が入っているかいないかということになります。
大きく分けると皮膚の働きを促進するものと抑制する成分があります。促進するものには血行促進や新陳代謝活性、細胞分裂活性などです。抑制するものは、細菌や酸化、メラニン色素、炎症、ふけなどを抑えるものがあります。アルブチンやトラネキサム酸ビタミンC誘導体などは美白の有効成分としてよく聞かれる成分です。

薬用化粧品について有効成分リストがあり、薬用化粧品の種類毎に、有効成分の規格や分量の前例が示されています。医薬部外品に分類される薬用化粧品は、その製品について承認申請の対象となっていますが、製品の効能又は効果、用法及び用量、剤型等が既に承認されているものと同一性を有すると認められる場合や有効成分リストの範囲内である場合は、承認申請で当該有効成分の有効性及び安全性に関する資料の提出は原則的に不要となっています。

全成分表示では「有効成分」は「その他の成分」と区別して表示されます。
なお、化粧品(医薬部外品除く)は、含まれている成分全体で効果を発揮するため有効成分という言葉は使いません。
<成分の関連用語>
  • 水溶性
  • 紫外線吸収剤
  • 雲母チタン
  • 紫外線散乱剤
  • ノニオン界面活性剤
  • ビタミンC誘導体
  • 安定型ビタミンC誘導体
  • 全成分表示
  • ブチルパラベン
  • リン酸アスコルビルMg
  • 両性界面活性剤
  • ヒアルロン酸
  • 水溶性成分
  • 有機合成色素
  • ロウ
  • 天然由来成分
  • 匂い
  • カチオン界面活性剤
  • 親油性
  • 美白有効成分
  • エタノール
  • 合成原料
  • アルブチン
  • 粉状
  • ホホバオイル
  • 馬油
  • 配合禁止成分リスト
  • 誘導体
  • アスコルビルグルコシド
  • アルコール
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(117) 皮膚のしくみ(88)
    毛髪のしくみ(23) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(27) 法律・基準(95)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(180) 技術・処方(67)
    機能・効果(47) 使い心地(27)
    色・質感(38) 剤型(11)
    評価・試験(46)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(26)
    表示(71) 施策(3)
    マーケティング(19)

    製品カテゴリー

    スキンケア(102) ベースメイク(69)
    ポイントメイク(40) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(52)
    フレグランス(48) ネイル(23)
    用具(16) 健康食品(13)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(55) 物流・流通(46)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(35) 販促(34)
    販売(67) 店舗・売り場(53)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(31)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(79) パッケージ(30)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ