医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の意味

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律【イヤクヒン、イリョウキキトウノヒンシツ、ユウコウセイオヨビアンゼンセイノカクホトウニカンスルホウリツ】
 
<用語解説>
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律とは
薬事法を一部改正し、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品の品質や有効性、安全性の確保のための規制を定めた法律のこと。
略称は「医薬品医療機器等法」。従来の「薬事法」という呼び方から「薬機法」と呼ばれたり、「旧薬事法」と呼ばれることもある。
もっと詳しい「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」
1960年に制定され54年が経過していた薬事法が一部改正され、2014年(平成26年)11月25日に施行されました。同年6月21日に施行された一般用医薬品のネット販売解禁に基づく改正に続く大きな改正です。

厚生労働省の公布によると概要としてポイントは4点あります。中でも第一のポイントは法律の名称が「薬事法」から「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」へと変更されたことです。あとは、1.医薬品、医療機器等に係る安全対策の強化、2.医療機器の特性を踏まえた規制の構築、3.再生医療等製品の特性を踏まえた規制の構築としてあげられています。

新たに再生医療等製品について定義され、医療機器の範囲にプログラムが追加されました。また、医療機器及び体外診断用医薬品の製造販売業・製造業や高度管理医療機器等販売業に関して改正されましたが、化粧品についての大きな改正点はありませんが、医薬部外品を含む化粧品等の品質や有効性及び安全性についてさらに意識を高めなければならない流れと言えます。
<法律・基準の関連用語>
  • 有効成分
  • 薬用化粧品の効能効果の..
  • 製造販売業者
  • 全成分表示
  • 化粧品等の適正広告ガイ..
  • 愛称
  • 医薬品
  • 薬事申請
  • 旧薬事法
  • 特殊用途化粧品
  • 種類別名称
  • 化粧品原料基準
  • 化粧品基準
  • 製造物責任法
  • 薬事
  • 医薬品、医療機器等の品..
  • 薬事法
  • 医薬部外品
  • GMP
  • 無添加
  • 特記表示
  • 発売元表示
  • ドシエ
  • 数値訴求
  • INCI名
  • 化粧品
  • NPP
  • 医薬品医療機器等法
  • 景表法
  • ポジティブリスト
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    化粧品全般

    全般(105) 皮膚のしくみ(87)
    毛髪のしくみ(23) 部位の名称(15)
    法律・基準(87) 組織・団体(19)
    資格(5) 海外(15)

    原料・中身

    成分(155) 技術・処方(51)
    機能・効果(36) 使い心地(27)
    色・質感(20) 剤型(10)
    評価・試験(16)

    企画・開発

    企画(34) 調査(20)
    表示(61)

    カテゴリー別

    スキンケア(91) ベースメイク(57)
    ポイントメイク(32) UVケア(36)
    ボディケア(10) ヘアケア(47)
    フレグランス(37) ネイル(0)
    用具(11) 健康食品(2)

    生産・流通

    製造・生産(41) 物流・流通(34)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(32) 販促(35)
    販売(40) 店舗・売り場(43)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(4) 乾燥・肌荒れ(7)
    日焼け(9) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(15)
    毛穴・皮脂(16) その他の肌トラブル(23)
    肌状態・タイプ(63) 紫外線(13)
    美容施設・クリニック(15)

    材料・外装

    容器(39) パッケージ(19)
    その他(7)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(15) 広報・PR(11)
    当サイトに関して  |  会社紹介  |  確認テスト1-10  |  確認テスト11-20
    Copyright(C) 2017 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ