紫外線吸収剤の意味

紫外線吸収剤【シガイセンキュウシュウザイ】
 
<用語解説>
紫外線吸収剤とは
紫外線を化学的に吸収し変化させることで、皮膚や髪に紫外線が入り込むのを抑制する紫外線防止剤のこと。
もっと詳しい紫外線吸収剤
紫外線吸収という名前から、紫外線をため込んで肌に吸収させてしまうというイメージがありますが、実際は、紫外線吸収剤に当たった紫外線を受け止め、熱などのエネルギーに変えて肌から離すべく放出します。
紫外線吸収剤は無色透明の液体で、処方上でも扱いやすく、高SPF製品に容易に組み込めます。紫外線吸収剤は、水や汗には強いものの、紫外線が当たり続けると壊れてしまうという性質があるため、UV防御力を維持するためにはこまめに塗り直す必要があります。

紫外線吸収剤は白浮きしない透明な仕上がりが可能という優れた点があります。しかし紫外線散乱剤に比べると刺激を感じる人がいるなどのマイナス面もあり、実際使用できる紫外線吸収剤はポジティブリストに収載されています。また紫外線吸収剤自体による刺激ではなく、紫外線を化学的に吸収し熱などのエネルギーに変えるメカニズムにおいて、実際はその熱は肌に感じるレベルではないものの、人によってはその熱や化学反応が肌に刺激になる場合もあります。
そこで紫外線吸収剤に敏感な肌や子供用に、紫外線吸収剤不使用 日焼け止め と呼ばれるものがあります。これは紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止めのことで、ノンケミカルとも呼ばれます。

紫外線防止効果の高い(高SPF)製品ほど、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤2種を組み合わせていることが一般的です。

また紫外線吸収剤は肌や髪を紫外線から守るだけでなく、紫外線によって中身や容器が退色や変質しないように安定化剤として使われる場合もあります。
<成分の関連用語>
  • 精油
  • 脱色剤
  • ヒューメクタント
  • 親水性
  • ホホバ種子オイル
  • 増粘剤
  • 原料
  • 有機合成色素
  • 紫外線防御剤
  • 油性成分
  • 除毛剤
  • 忌避剤
  • ビタミンC誘導体
  • エチルアルコール
  • ジメチコン
  • 高級脂肪酸
  • エキス
  • エッセンシャルオイル
  • 粉状
  • 精製水
  • セラミド
  • 鉱物油
  • ラメ
  • エタノール
  • タール色素
  • スクワラン
  • グリセロール
  • シリコーン
  • マイクロプラスチックビ..
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(128) 皮膚のしくみ(92)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(33) 法律・基準(97)
    組織・団体(23) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(184) 技術・処方(71)
    機能・効果(48) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(12)
    評価・試験(48)

    マーケティング

    商品開発(49) 調査(27)
    表示(71) 施策(3)
    マーケティング(20)

    製品カテゴリー

    スキンケア(105) ベースメイク(71)
    ポイントメイク(41) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(17) 健康食品(20)
    その他(3)

    生産・流通

    製造・生産(61) 物流・流通(49)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(35) 販促(34)
    販売(69) 店舗・売り場(55)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(9) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(16)
    毛穴・皮脂(17) その他の肌トラブル(33)
    肌状態・タイプ(64) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(86) パッケージ(31)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  会社紹介
    Copyright(C) 2018 cosmeconcier.jp All Rights Reserved. お問合せ