コンシーラーの意味

コンシーラー
 
<用語解説>
コンシーラーとは
シミソバカス、毛穴の目立ちなど肌の気になる部分をカバーするアイテムのこと。
もっと詳しい コンシーラー
コンシーラーはシミやソバカス、ポツンと目立つ毛穴など気になる部分をカバーして、ベースメイクをより美しく仕上げます。

コントロールカラーにも同じような機能がありますが、コントロールカラーは肝斑赤ら顔くまなどのやや広い範囲や全顔に使う化粧下地の一種で、気になる部分を隠すというより気になる部分の色をコントロールカラーの色を重ねることでうまくごまかすという特長があります。これに対し、コンシーラーは気になる部分を上からカバーして隠すという要素が強いので、ピタッと肌にのるような固めのテクスチャーのものや、スティックタイプ、筆タイプのように細かい部分に塗布しやすい形状や容器を採用しているものがよくあります。
コンシーラーは部分用ファンデーションと呼ばれることもあるように、処方的にも油性タイプや乳化タイプのファンデーションをより部分使用に相応しく、かつカバー力を上げたものになっています。

クリーム状のものは指先にとって気になる部分にトントンとたたくように、スティックタイプや筆ペンタイプは直接肌にぬったあと指先でトントンと叩きながら肌になじませます。指先でなく筆を使うとより自然に仕上げられます。

またスキンケア性を高めたものも多く、例えばシミ用のコンシーラーならば美白薬剤を配合したものです。コンシーラーにスキンケア効果が付与されているというより、美白化粧品にコンシーラー効果が付与されているタイプで、ピタッと密着させるように塗布することから美白成分がシミ部分に効果的に働くことが期待できます。このようにベースメイクというよりコンシーラー機能もあるスキンケア製品として設計されているものもよくあります。
用語のカテゴリー

全般

全般(140) 皮膚のしくみ(123)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(133)
組織・団体(31) 資格(6)
海外(19)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(56)

マーケティング

商品開発(54) 調査(32)
表示(87) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(123) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(59)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(21) 健康食品(21)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(63)
輸出入(22)

営業・販売

接客(38) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(99) パッケージ(45)
その他(16)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.