赤ら顔の意味

赤ら顔【アカラガオ】
 
<用語解説>
赤ら顔とは
毛細血管が拡張したまま戻らず顔が常に赤くなっている状態のこと。
もっと詳しい「赤ら顔」
赤ら顔は両頬や鼻の頭などの赤みが強く、全体的にも赤みがかって充血しているように見えます。顔の輪郭が不鮮明になったり、細かい血管が浮き出て透けて見えるようになったりすることもあります。これは表面に近い毛細血管が拡張したまま元に戻らないため、血流が滞ってうっ血した状態になっているため起こります。

主には血管壁が弱まりや肌の老化が原因です。血管壁が弱まると血管の弾力が低下するため気温の変化に対して血管の収縮・拡張がスムーズにいかず血流量が調整できなくなるからです。また加齢により皮膚の働きが低下すると真皮乳頭層の起伏が失われ、皮膚全体が委縮して薄くなることで赤みが目立ちやすくなります。
また生活環境やもともとの肌状態にも影響されます。寒冷地などで急激な気温の変化にさらされている人や過度の飲酒や刺激物を好む人、もともと肌が敏感な人などにも赤ら顔がよく見受けられます。ホルモンバランスの崩れや過度なストレスなども赤ら顔の原因になることがあります。

たいていの赤ら顔はメイクで十分カバーできますが、赤ら顔を予防するためには、お手入れの際に強くこするなどの物理的刺激を与えないようにすること、冷たい外気や急激な温度変化に素肌をできるだけさらさないようにすることも大切です。食生活ではアルコールや香辛料などの刺激物やたばこやカフェインなどの嗜好品を控えめにすることも大切です。
用語のカテゴリー

全般

全般(137) 皮膚のしくみ(118)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(122)
組織・団体(27) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(221) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(52) 調査(27)
表示(84) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(20)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(73) 物流・流通(58)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(90) パッケージ(34)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.