広報の意味

広報【コウホウ、Public Relations】
 
<用語解説>
広報とは
自社の理念や事業活動に関する情報を社会に広く知らせる活動のこと。自社自体の広告塔的役割。英語で広報を示すPublic RelationsからとってPRと表現することも多い。
もっと詳しい 広報
広報担当者の業務範囲は企業により異なり、企業によっては広報専門の部署があります。組織により広報活動とされる内容は多少異なるものの基本はその企業のいいイメージを世の中に伝えることであり、その手段としてテレビや雑誌などのメディアを利用することが一番よくある方法です。日頃から個人の消費者からの問合せ先がお客様窓口やコンシューマーズセンターなどと呼ばれる窓口になっていることに対し、メディアからの問合せは広報担当部門になります。

広報の仕事として、新製品発売の際に世の中に向けてその製品のピーアールを行うことは知られていますが、黙っていればメディアの方から声をかけてくれるわけでは決してないので、広報担当の方からメディアに向けたプレスリリースを作成・発信したり、記者を招待するイベントを開催したり、新製品を雑誌社に送ったりして取り上げてほしい情報を提供するとともに、情報を見たメディアからの質問に答えたり取材に対応したりします。情報を提供すれば必ず取り上げてもらえるわけではないので、日頃から雑誌やテレビなどのメディア関係者やエディターとの良好な関係性を保ち、企業の方から働きかけることが大切です。また社外への情報発信のためには社内コミュニケーションも欠かせず、新製品に関する情報や商品写真、商品サンプルなどを入手する必要もありますし、社外での新製品や自社の評判を収集し社内にフィードバックすることも大切です。また組織が大きくなるほど部門ごとの縦割り組織になりがちなので、それらの横のつながりを生み出し企業としての一体感を醸成する役割を担う社内誌は社内広報の一種です。

また、新製品だけでなく、企業全体の活動や震災対応に関するプレスリリースや、不祥事や自主回収などのお詫びとなるプレスリリースなども広報担当から発信されることが通常です。

広告と異なるのは、広告は企業側がテレビのコマーシャル枠や雑誌のページ枠などを費用をかけて確保し、そこに流したい・掲載したい内容を企業が決めることに対し、広報は何をどこでどう掲載するかの判断がメディア側にあるという点です。
用語のカテゴリー

全般

全般(136) 皮膚のしくみ(106)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(122)
組織・団体(27) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(219) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(52) 調査(27)
表示(84) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(20)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(73) 物流・流通(58)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(28)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(90) パッケージ(34)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.