刮痧の意味

刮痧【カッサ】
 
<用語解説>
カッサとは
カッサプレートと呼ぶヘラ状の道具で肌の表面を擦ったり押したりして刺激を与えることで血行を促進し、顔のむくみや体のコリなどを改善する美容法のこと。カッサプレート自体をカッサと呼ぶこともある。
もとは古の時代から中国で体の不調を改善するために民間療法として伝わってきた療法を取り入れた美容法。
用語のカテゴリー

全般

全般(138) 皮膚のしくみ(118)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(124)
組織・団体(28) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(221) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(54) 調査(27)
表示(86) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(21)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(75) 物流・流通(61)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(93) パッケージ(40)
その他(15)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.