ex vivoの意味

ex vivo【エクスビボ】
 
<用語解説>
ex vivoとは
ex vivoとは、生体から直接採取された組織を用いた試験や実験をすること。
ex vivoについて
ex vivoは、生体外という点や人為的にコントロールされた環境で試験する点からin vitroと似ています。実際、ex vivoとin vitroを分けず、どちらもin vitroと表現することも多いです。

ex vitroがin vitroと大きく異なる点として、ex vivoでは、試験する組織を人工的に作るのではなく、生体から直接採取します。そして、組織の自然な状態をできるだけ保つようにして試験を行います。例えば、美容整形で摘出された皮膚をex vivo用に用いることがあります。毛包や爪のex vivoもあります。そのようにヒトの組織を用いる場合は、倫理的な問題や血清学的検査で問題のないものが流通しています。医療現場で摘出された皮膚でも顔の皮膚ばかりではないため、どの部位の皮膚か、さらには元の皮膚の持ち主の年齢や性別などを考慮します。

in vivoin vivoex vitro、は試験環境を大まかに説明した言葉です。ラテン語で、in vivoが「生体内で」を意味するのに対し、ex vivoは「生体外で」を意味します。大まかにいうと、in vitroは培養した皮膚で試験、in vivoはヒトの肌で試験、ex vivoはヒトから摘出した皮膚で試験といった具合です。しかし、ex vivo も in vitroとして表現することもよくありますし、どういう状況や方法をex vivoとするかは業界や企業、人によって異なることがあります。

ex vivoは、毛包や皮膚組織の試験に有効で、成分や製剤の効果や経皮吸収、浸透などをin vivoに近い環境で試験できると考えられます。どの試験を行うかは研究内容や試験目的などによりますが、ex vivoはin vitroと同様に、動物試験の代替かつヒトに負担をかけない方法として、今後ますます発展していくと考えられます。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(136)
組織・団体(41) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(226) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(95) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(50)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
印刷(7)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.