ボックスブレイズの意味

ボックスブレイズ【box braids】
 
<用語解説>
ボックスブレイズとは
ボックスブレイズとは、細い三つ編みをたくさん作ったヘアスタイルのこと。コーンロウのように編み込みはせず、髪の根本からすぐ三つ編みが作られる。髪を細かく区分けした状態がボックスのように見えることからボックスブレイズと呼ばれる。
ボックスブレイズについて
ボックスブレイズは、アフリカ系アメリカ人の間でよくされるヘアスタイルとして知られます。細い三つ編みをたくさん作るにあたり、髪を細かく分割しますが、この際に四角いパーツを作るように分割します。そのため、分け目に見える地肌のラインが箱が並んだように見えることから、ボックスブレイズと呼ばれます。分割のラインが四角く見えなくてもボックスブレイズと呼ばれるのが一般的です。

多くの場合、より長く、より多くの三つ編みを作るため、エクステンションを織り交ぜます。コーンロウのように頭皮に密着していないため、たくさん作った三つ編みを、まとめて様々なアレンジができることが特長です。

現在は、人種に関係なく、多くの人々に人気のあるスタイルですが、髪を編むスタイルはもともとアフリカにあったものです。髪を編み始めたのはナミビアのヒンバ族、中でもムバラントゥ(Mbalantu)部族から始まったのスタイルが始まりと考えられています。コーンロウやボックスブレイズに通じる髪を編んだスタイルは、富や権力、属する種族などの身分、年齢、婚姻の状態、宗教的思想などを意味し、その伝統が何世代にもわたって受け継がれ、スタイルを変えながら、エジプト、ギリシャ、ネイティブアメリカン、ヨーロッパ、中国などへと広まりました。現在も伝統的な暮らし方を選択したアフリカの部族は、ボックスブレイズなどに通じるヘアスタイルを続けています。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(129)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(135)
組織・団体(44) 資格(6)
海外(35) 新語(8)

原料・中身

成分(227) 技術・処方(89)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(40) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(97) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

洗浄料(3) スキンケア(122)
ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
UVケア(38) ボディケア(10)
ヘアケア(65) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(78) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(98)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(51)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
印刷(8)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.