直接の被包の意味

直接の被包【チョクセツノヒホウ、(immediate wrapper/primary packaging】
 
<用語解説>
直接の被包とは
直接の被包とは、化粧品の中身や用具がじかに入っている被包のこと。一次包装とも言う。

別売りのファンデーション用スポンジやアイシャドー用チップを入れた袋、石けんの包み紙、シートマスクのアルミパウチパックなどがある。
用語のカテゴリー

全般

全般(138) 皮膚のしくみ(118)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(124)
組織・団体(28) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(221) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(54) 調査(27)
表示(86) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(21)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(75) 物流・流通(61)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(93) パッケージ(40)
その他(15)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.