リンスの意味

リンス
 
<用語解説>
リンスとは
シャンプーでの洗髪後に使用し、髪の表面をととのえ、なめらかに仕上げる化粧品のこと。
もっと詳しい「リンス」
リンスの主成分としては多くはカチオン界面活性剤が使われ、これがキューティクルに吸着して髪の手触りや風合いをととのえます。いたんだ髪はキューティクルがはがれてカチオン活性剤の吸着量が通常より多くなります。

リンスの中でもより髪の保護効果や修復効果を高めたものをコンディショナーやトリートメント、ヘアパック(ヘアマスク)などと呼ぶ傾向にありますが、それらを分類する定義はありません。化粧品メーカーによって定義が様々ではあるものの、傾向としてはコンディショナーはリンスの一種とされていることが一般的です。
そして髪の傷みが深刻で内側からしっかりケアする必要がある場合用に、髪の内部に浸透して内側から髪のダメージを修復するトリートメントやヘアパック(マスク)があります。トリートメントやヘアパック(マスク)はリンスやコンディショナーにプラスして使う、あるいは日頃のリンスやコンディショナーに代えて使うもので洗い流さないタイプもあります。ヘアパックやヘアオイルはヘアトリートメントの一種とされていることが一般的です。
さらに染毛料としてのリンスもあり、カラーリンスやカラーコンディショナーなどと呼ばれています。
用語のカテゴリー

全般

全般(136) 皮膚のしくみ(106)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(122)
組織・団体(27) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(219) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(52) 調査(27)
表示(84) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(20)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(73) 物流・流通(58)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(28)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(90) パッケージ(34)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.