化粧下地の意味

化粧下地【ケショウシタジ】
 
<用語解説>
化粧下地とは
特にファンデーションの前(下)に塗布するベースメイクのこと。単に下地と呼ぶことも多い。
もっと詳しい 化粧下地
化粧下地は肌のキメや毛穴の凹凸などをカバーして、ファンデーションがきれいに塗布できるように肌表面を整えると同時にファンデーションの密着を高めます。これにより化粧のりつきもちを向上する働きがあります。

さらに、化粧下地には様々な特性があり、UVカット効果はそのSPF値の大きさに違いはあれどほぼどの下地にも付与されている機能です。さらに肌の色むらやくすみを補正する色補整効果や、光沢やツヤで肌を立体的に見せる光効果、保湿やオイルコントロール、美白などのスキンケア効果を高めたものなど様々です。

部分用と全体用がありますが、部分用にはべたつきや毛穴の目立ちが気になるTゾーン専用下地がよくあります。オイルコントロール効果があり、皮脂を吸着する皮脂吸着ポリマーや光を乱反射させて毛穴を目立たせなくする球状粉体などを配合することで、肌のべたつきやテカリを抑えてさらりとした肌を保ち、毛穴の目立ちや皮脂による化粧崩れを防ぎます。顔全体用は肌の乾燥対策にもなるスキンケア性の高いタイプやツヤや立体感を出すパール系のタイプがあります。コントロールカラーも化粧下地の一種です。BBクリームはメーカーやブランドによってファンデーションカテゴリーに入れていることもありますが、下地カテゴリーに入っていることもあります。
用語のカテゴリー

全般

全般(140) 皮膚のしくみ(123)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(133)
組織・団体(31) 資格(6)
海外(19)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(56)

マーケティング

商品開発(54) 調査(32)
表示(87) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(123) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(59)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(21) 健康食品(21)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(63)
輸出入(22)

営業・販売

接客(38) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(99) パッケージ(45)
その他(16)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.