化粧下地 | 化粧品・コスメ辞書ならコスメ・コンシェル

「化粧下地」の検索結果
<見出し語>
用語
化粧下地 ファンデーションの前(下)に塗布するベースメイク
1  (1/1)

<本文>

べースメーキャップ

ベースメーキャップとは、化粧下地やファンデーションなどを使って肌色や質感を変え肌を美しく見せるメーキャップのこと。SPFの数値がついている、紫外線防御効果もそなえた製品が多い。…

厚塗り

必要以上に重ねて塗布すること。特に化粧下地やファンデーションなどベースメイクを必要以上に重ね塗りしていることを指す。…

塗り壁

塗り壁とは、厚化粧の中でもベースメイクのやり過ぎを揶揄したり自虐したりするニュアンスを含んだ言葉で、化粧下地やファンデーションを必要以上に何種類も何度も重ねて塗布したように見えるメイクのこと。建物の壁を塗るステップとして、最初にシミや傷など…

ノーファンデ

ノーファンデは、ファンデーションを使わないからと言って手抜きのメイクということではありません。日焼け止めや化粧下地だけ、あるいはその上にフェイスパウダーをはたくといったベースメイクです。ファンデーションは使わずとも肌をきれいに演出し、紫外線…

チーク

…こともあれば、ファンデーション塗布前に使うこともあるなど、チークと言えどもその剤型やメイク法によってはファンデーションや化粧下地、白粉との区別がつけづらい製品も多く、メーカーやブランドによってはチークをベースメイクカテゴリーとしている場合も…

肌色補正

くまやくすみ、肝斑などによる肌の色むらや色素沈着、影を化粧下地やコンシーラーなどを使用してカバーしたりごまかしたりし、肌色を均一に美しく見えるよう調整すること。…

コンシーラー

…。コントロールカラーにも同じような機能がありますが、コントロールカラーは肝斑や赤ら顔、くまなどのやや広い範囲や全顔に使う化粧下地の一種で、気になる部分を隠すというより気になる部分の色をコントロールカラーの色を重ねることでうまくごまかすという…

とんがりチューブ

…いものをとんがりチューブと呼ぶ。チューブとんがりと言うこともある。アイクリームや美容液、クリームタイプファンデーションや化粧下地など指先に少量ずつとって使うアイテムでよく採用される容器。細身のフォルムからは高級感も感じられる。…

艶肌

…きとしたイメージが演出できる。マット肌と対照的な仕上がりで、単に艶の出るファンデーションを使うのではなく、パール感のある化粧下地やしっとりタイプのファンデーション、ハイライターなどを用いたベースメイクのテクニックが必要。…

化粧下地

化粧下地は肌のキメや毛穴の凹凸などをカバーして、ファンデーションがきれいに塗布できるように肌表面を整えると同時にファンデーションの密着を高めます。これにより化粧のりやつき、もちを向上する働きがあります。さらに、化粧下地には様々な特性があり、…

プライマー

化粧下地のこと。…

下地

化粧下地のこと。…

サンプロテクター

日焼け止めのこと。「サン」をはずし「プロテクター」と呼ぶと、日焼け止め効果のある化粧下地やBBクリーム、美容液やクリームなどのスキンケア製品としての要素が強くなる。…

コントロールカラー

化粧下地効果に肌色補正効果を強化した下地のこと。毛穴や凹凸、シミ、色むらなどをカバーしながらファンデーションのつきやもちを良くする。…

ティント

…ばれる乳液ともクリームファンデーションとも言えるアイテムが流行した時期があります(1990年台後半~2000年台半ば)。化粧下地や今でいうBBクリームに似たアイテムです。…

BBクリーム

…後のスキンケアまで兼ねると訴求する製品も見られます。しかし、どういったものがBBクリームかという定義はなく、種類別名称も化粧下地やファンデーションなどメーカーや商品によってまちまちです。さらに、BBクリームは、CC・BC・DDクリームなどに…

ベースメイク

ベースメイクとは、化粧下地やファンデーションなどを使って、肌の色や質感を変えたり、シミなどをカバーしたりして肌を美しく見せるメイクのこと。紫外線防御効果も付与されることが多い。…

朝用

…的に屋外に出ることを前提に設計されます。そのアイテムならではの効能効果に加え、紫外線などの悪影響から肌を防御する効果や、化粧下地効果、肌を明るく演出する効果などが付与されることが一般的です。SPFの数値が表示されている製品も多くありますが、…

倒立

…ディショナーやボディクリーム、洗顔フォームなどで倒立容器がよく使われます。アイクリームやクリーム状美容液、BBクリーム、化粧下地、日焼け止めクリームなどでは、適量の出しやすさ、携帯性などの点からチューブ容器がよく使われます。それら製品は、一…

日中用

…的に屋外に出ることを前提に設計されます。そのアイテムならではの効能効果に加え、紫外線などの悪影響から肌を防御する効果や、化粧下地効果、肌を明るく演出する効果などが付与されることが一般的です。SPFの数値が表示されている製品も多くありますが、…
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(129)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(135)
組織・団体(44) 資格(6)
海外(35) 新語(8)

原料・中身

成分(227) 技術・処方(89)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(40) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(97) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

洗浄料(3) スキンケア(122)
ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
UVケア(38) ボディケア(10)
ヘアケア(65) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(78) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(98)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(51)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
印刷(8)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.