低刺激の意味

低刺激【テイシゲキとは】
 
<用語解説>
低刺激とは
肌に刺激があると考えられる成分をできるだけ配合しないこと。

コスメコンシェルジュから一言

赤ちゃん用や敏感肌用の化粧品は低刺激性のものが一般的です。
「低刺激」には決まったルールがなく各社対応が異なりますが、一般的に旧表示指定成分を排除することはもちろん、無香料無着色パラベンフリー、鉱物油無添加などの対応やアレルギーテストの実施などが考えられます。さらに、配合成分はできるだけ少なくなっており、かつ厳し安全性テストをクリアした非常に精製度が高いものが用いられます。

ただし化粧品会社によって低刺激の対応が異なり、同じ成分を用いていても精製度が違ったり、安全性テストの厳しさが異なったりするので、本当に低刺激性の化粧品が必要な肌状態の場合は、「低刺激だから安全だ」と思いこんだり、全成分表示だけで判断せず、事前にパッチテストをすることが大切です。

また「自然派」「オーガニック」「無添加化粧品」などの言葉がよく見られますが。それらが低刺激とは限りません。注意が必要です。
用語のカテゴリー

全般

全般(137) 皮膚のしくみ(118)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(122)
組織・団体(27) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(221) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(52) 調査(27)
表示(84) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(20)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(73) 物流・流通(58)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(90) パッケージ(34)
その他(13)

広告・宣伝

広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.