ポジショニングの意味

ポジショニング
 
<用語解説>
ポジショニングとは
自社や自ブランド、あるいは商品が市場内においてどういう位置づけにあるかということ
もっと詳しいポジショニング
一般的には縦軸と横軸を使ったポジショニングマップをつくることでポジショニングを確認します。
例えば、縦軸は価格で横軸はイメージとし、上に行くほど高価格で下に行くほど低価格、右に行くほどラグジュアリーで左に行くほどカジュアルという指標を作った時、自他がそれぞれどのあたりに位置するかをマッピングすることで市場でどのような存在感になっているかを確認し、以降の戦略を立てたり、リポジショニングを図ったりするのに生かします。

また競合他社との競争のためのポジショニングだけでなく、自社に複数ある製品の特長を消費者にわかりやすく示すための製品ポジショニングもあります。例えば、洗浄料が複数ブランドから出ている場合など、縦軸に価格、横軸に洗浄力とし上に行くほど高価格、下に行くほど低価格、右に行くほど洗浄力が高くハードなメイクも落とせ、左に行くほど洗浄力が低く素顔洗顔向けといった具合です。またクリームなら縦軸にテクスチャー、横軸に保湿の持続時間とし、上に行くほどさっぱり、下に行くほどこってり、右に行くほど保湿効果が長続きし、左に行くほど保湿効果が短いといったものも考えられます。このようにして自社内の製品がそれぞれどのあたりに位置するかを明確にすることで増えすぎたブランドや製品の整理をしたり、消費者に選びやすい情報を提供したりするための分析作業にポジショニングマックを作ることがよくあります。
用語のカテゴリー

全般

全般(144) 皮膚のしくみ(123)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(133)
組織・団体(38) 資格(6)
海外(32) 新語(7)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(56)

マーケティング

商品開発(54) 調査(39)
表示(90) 施策(3)
マーケティング(39)

製品カテゴリー

スキンケア(123) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(39) 販促(39)
販売(85) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(47)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.