カラークリエーションの意味

カラークリエーション
 
<用語解説>
カラークリエーションとは
メイクアップ製品の色や質感をイメージ通りに具現化する作業のこと。口紅やアイシャドーなどでイメージ通りの色や質感が出るように試作を繰り返して目指す色・質感をつくり出すこと。カラクリと略して言うことが多い。
もっと詳しい カラークリエーション
カラークリエーションとは直訳して色をつくりだすということです。化粧品は機能や使用性、外装などに対して企画・製品設計を立てるのと同様に、色調質感に関してもコンセプトを立案し詳細に企画します。その企画時のイメージを実際の商品で実現するために行う開発過程の一つの作業にカラクリがあります。

具体的には、例えば新色の企画提案の際、企画担当者やクリエーターは新色のイメージを様々な素材を使って表現します。ひとつの色ごとにその色味と質感を布や紙、写真、ガラスやメタリックの破片、石や貝、キャンディやグミなど様々な素材を用いてイメージを関係者に伝えるべく表現します。そしてその色調・質感を、実際の中身でつくり出す作業がカラークリエーションです。布や紙などで表現できても口紅やアイシャドーなどで実現することは容易ではなく、目指す色調と質感に向かっては研究員が何度も試作を繰り返します。目指すものに近づきあとは微妙な色味やパール感などの微調整という段階になると試作の場に企画担当者も立ち会って試作品の外観色塗布色を順次評価し、研究員と話し合いながら一色ずつ最終決定していくことになります。カラークリエーションは色と質感に関する作業ですが、当然それらの商品機能や使用性もきちんと保持したものでなければなりません。
用語のカテゴリー

全般

全般(146) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(136)
組織・団体(43) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(226) 技術・処方(89)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(96) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(50)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
印刷(7)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.