チューブ容器の意味

チューブ容器【チューブヨウキ、tube】
 
<用語解説>
チューブ容器とは
洗顔フォームや練り歯磨きなどによく使われるプラスチック性の筒状チューブからできた容器のこと。スクイズ性があり押し出して中身を出す。
もっと詳しい チューブ容器
チューブ容器は化粧品で使用される樹脂容器の代表的なものです。チューブの口もと部分は中身の吐出具合や中栓・キャップなどの接合を考えて成形されています。チューブへの中身充填は口もとの口内径のサイズと剤型によって口もとから充填することもありますが、中身の粘度が高かったりチューブの口内径が小さかったりする場合はチューブ容器のお尻側(口もとと反対側)から充填し、この場合はチューブ容器はお尻側が開いたままの状態で工場などに納品されます。お尻側は中身充填後、アイロンのような原理でチューブ内側を熱で溶かすようにしてチューブ同士を接着させるので接着部分には中身がつかないようにしなくてはいけません。中身がついているとエンドシールがきちんとできないからです。

チューブ容器の素材は中身を外界から保護するために二層や三層といった多層のものや、アルミ積層チューブと呼ばれるより遮光性の高いものなどあります。

口元のノズル部分まで一体となったもの(一体型チューブ、ノズル一体型などと呼ばれます)やノズル部分は別に製造された中栓を取り付けるタイプがあります。チューブ容器に取り付けるキャップもワンタッチやねじ式など様々で、その製品の特性に合わせて選びます。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(91) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.