剤型の意味

剤型【ザイケイ】
 
<用語解説>
剤型とは
剤型とは、液状やクリーム状といった化粧品の中身の状態、中身の外見上の形状のこと。剤形と書くこともある。
剤型の具体例
剤型には、液状、ジェル状、シャーベット状、乳液状、クリーム状、軟膏状、固形練り状、ペースト状、固形状、粉体状などがあります。

呼び方に決まりはなく、液状はリキッド状、粉末状はパウダー状とも呼ばれます。〇〇状というように「状」を付けなければいけないわけでもなく、液状は液体、クリーム状はクリームといった呼び方をすることもありますし、化粧水タイプ、ジェルタイプ、エアゾールタイプなど「何々タイプ」と表現することもあります。

剤型はその化粧品の機能や配合成分、容器の性質によっても限定されますが、より効果が期待できそうな外観や感触につながる大変重要なポイントであり、企画・開発段階で非常にこだわる部分のひとつです。

同じクリーム剤型でもクレンジングクリームやマッサージクリーム、ナイトクリーム、日焼け止めクリーム、ハンドクリームなど様々なカテゴリーの化粧品があります。
<技術・処方の関連用語>
  • 水溶性成分
  • ポジティブリスト
  • 溶媒
  • バイオテクノロジー
  • オイルコントロール
  • 乳化
  • 調香師
  • 最終試作品
  • クリーミング
  • 剤型
  • 無着色
  • 薬剤
  • ネガティブリスト
  • 抱水性
  • ノンパフューム
  • 耐水性
  • オイルインウオーター
  • 水素添加
  • 乳剤
  • 基剤臭
  • 可溶化
  • 混合
  • 出発処方
  • 親油性
  • ノンケミカル
  • 溶剤
  • マスキング賦香
  • パヒューマー
  • 誘導体
  • 試作
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(96) パッケージ(42)
    その他(16)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.