切り欠き表示の意味

切り欠き表示【キリカキヒョウジ】
 
<用語解説>
切り欠き表示とは
触覚識別表示としてパウチ容器のシール部の一部分を小さく切り落としたこと。
もっと詳しい 切り欠き表示
切り欠き表示とは、詰め替え用パウチ容器などの外周のシール部分の一部を半円状などに切り落とした部分を指します。切り欠きが複数連続してあるとその部分が波状になります。触覚識別表示の一種で、シャンプーリンスなどの本体容器きざみ表示をするのと同様、詰め替え用製品にはこの切り欠きを施すことでそれがシャンプーかリンス、あるいはボディシャンプーかを識別できるようにしています。切り欠きがあるものがシャンプー、ないものはリンスコンディショナー、さらに切り欠きが3つでシャンプー、1つで液体ボディソープというように洗髪用とボディ用の識別も進んでいます。

コスメコンシェルジュから一言

2018年2月に粧工連より、詰替えパウチ容器に関する触覚識別表示に関する通達が出され、そこでは本体容器に類似した触覚識別表示となっています。注ぎ口側の側面シール部分にエンボスで短い横線を縦に3つ並べたものをシャンプー、短い縦線を縦に3つ並べたものをボディーソープとされているため、切り欠き表示から少しずつこちらに移行していくと思われます。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(91) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.