密閉容器の意味

密閉容器【ミッペイヨウキ、well-closed container】
 
<用語解説>
密閉容器とは
密閉容器とは、通常の状態で固形物の外からの進入や内容物の外への漏れを防げる容器のこと。
密閉容器について
密閉容器とは、陳列、保管、運搬といったその製品にとって想定される通常の取り扱いにおいて、外部から固形物が中に侵入したり、内容物が外へ出たりすることを防げる容器です。具体的には紙製の箱や袋があります。

密閉容器は、固形物の出入りは防げますが、液体の保管や蒸発の防止はできません。固形物だけでなく液体の出入りを防ぎたい場合は、気密容器を使います。密封容器、気密容器、密閉容器の中で、外からの侵入や外への漏れなどを防ぐ効果が最も優れるものが密封容器で、最もその効果が低いものがこの密閉容器です。

コスメコンシェルジュからひとこと

「密閉」「気密」「密封」の言葉の意味に関しては、業界や企業によって定義が異なったり、人によって曖昧だったりします。日常ではそれで問題ないことがほとんどですが、化粧品容器の検討の際には言葉の解釈が違うことで誤解や問題が生じないよう注意が必要です。

密閉容器というと紙製のものが代表的です。紙容器には紙袋や紙箱がありますが、封が開いていたり、組立て時にすき間があっては固形の異物が入りこむリスクがあるため密閉性が完全とは言えません。一方で、紙製の気密容器が増えています。プラスチック削減となるため、紙製の容器は今後増えていくと考えられます。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(91) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.