密封容器の意味

密封容器【ミップウヨウキ、hermetic container, airtight container】
 
<用語解説>
密封容器とは
密封容器とは、通常の状態で固形物、液体、気体の外からの進入や内容物の外への漏れを防げる容器のこと。
密封容器について
密封容器とは、お店での陳列、保管、運搬といったその製品にとって想定される通常の状態で、固形物、液体、気体が容器内に侵入したり、容器の内容物が外へ漏れ出たりすることを防げる容器です。密封容器は、気密容器よりさらに遮断性が高く、空気やその他の気体を通しません。代表的な密封容器はアンプル容器です。

密封容器、気密容器密閉容器の中で、外からの侵入や外への漏れを防ぐ機能が最も優れるものがこの密封容器で、その機能が最も低いものが密閉容器です。しかし「密封」「気密」「密閉」の言葉の意味は、業界や企業によって定義が異なり曖昧になりがちで、日常では密閉も密封も同じように使われることが少なくありません。キッチン用品のパッキン付きジャー容器は、密閉容器や密封容器と呼ばれることがよくありますが、厳密に分類すると気密容器に該当します。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(92) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.