化粧品の分割販売の意味

化粧品の分割販売【ケショウヒンノブンカツハンバイ】
 
<用語解説>
化粧品の分割販売とは
化粧品を個々の顧客の求めに応じてその都度必要量を充填して販売すること。
もっと詳しい 化粧品の分割販売
例えば品切れなどの事情から、次の入荷までの自宅用にどうしても分けてほしいとお客様から頼まれたり、たまたま欠品している商品をどうしても買って帰らなくちゃいけないと言われたりしたときに、ジャンボサイズや業務用などから中身をわけて販売するといったことが考えられます。
このようなお客様からの要望に応え、お店にある容器やお客様が持参した容器に中身だけを充填して販売することは分割販売といって許可されています。医薬部外品も同じです。

微生物汚染に特に注意が必要なアイライナーやマスカラ類は分割販売が禁止されています。

分割販売においては、販売者の氏名や住所をはじめ、表示しなければならないことが定められています。充填場所や充填に使用する器具、容器などの衛生管理が適切になされていなければなりませんし、製造番号が異なる中身は混合してはいけないなど、
取り決めがあります。香水などの量り売りが可能なのはこういったことによります。言い換えれば、適切に分割販売できる状態でない場合は、分割販売はできません。

一方、小分けの需要があるからとあらかじめ化粧品を小容器にわけて販売する方法は製造行為とみなされ、化粧品の製造販売業製造業の許可が必要です。
用語のカテゴリー

全般

全般(146) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(136)
組織・団体(43) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(226) 技術・処方(89)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(96) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(50)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
印刷(7)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.