スキンタイプの意味

スキンタイプ【skin type】
 
<用語解説>
スキンタイプとは
スキンタイプとは、肌を紫外線に対する感受性などを基準にした分類のこと。一般的にフィッツパトリックの分類を指し、肌ごとに異なる紫外線に対する反応性の違いを6分類したものである。フォトタイプや、スキンフォトタイプ、フォトスキンタイプとも言う。

乾燥肌脂性肌といった肌質に関してもスキンタイプと呼ぶことがあるが、こちらは企業や人により基準や分類が異なるため、肌タイプと表現することで、フィッツパトリックの分類と区別することが多い。
スキンタイプの詳細
スキンタイプとは肌のメラニン色素量と日光に対する肌の反応によって肌を6分類したものです。1975年に開発されたフィッツパトリック(Fitzpatrick)スキンタイプシステムを生かした分類で、具体的には、肌の色とサンバーンサンタンの起こしやすさからⅠ~Ⅵまで6つに分類しており、それぞれ紫外線に対してどのくらい皮膚の抵抗力があるかという目安になります。海外では肌のメラニン色素量と日光に対する肌の反応に加え、ソバカスの状態、瞳や髪の色なども含めて皮膚がんのリスク診断をするのにこのフィッツパトリックスキンタイプがよく用いられています。

人の皮膚の色は黒褐色のメラニン色素の量に影響し、メラニン色素が多いほど肌の色は黒く、紫外線に対する抵抗性が高まります。スキンタイプの分類においてタイプⅠはメラニン色素が少ない白人が該当し紫外線を浴びても赤くなります(サンバーンを起こします)が黒くはなりません(サンタンは起こしません)。タイプⅥはメラニン色素が多い黒人が該当し紫外線に対する抵抗性が高く赤くなりません(サンバーンを起こしません)。

日本人の多くはタイプⅡ、タイプⅢ、タイプⅣにほぼ当てはまると言われています。日本に多いスキンタイプとして「Japanese Skin Type」と表現し、J-Ⅰ、J-Ⅱ、J-Ⅲと表記することがあります。J は JST とすることもあります。
スキンタイプを自己判断し自分は大丈夫だと紫外線に対して無防備になっていいということはありません。どのスキンタイプでも紫外線対策は必要です。

〇スキンタイプ表 紫外線環境保健マニュアル2015より
タイプ サンバーン・サンタンの既往 日本人のスキンタイプ
容易に強いサンバーンを起こすが、決してサンタンを生じない。

容易にサンバーンを起こし、わずかにサンタンを生じる。 J-Ⅰ(紫外線に高過敏)
赤くなりやすいがサンタンは極めて軽い。

中等度にサンバーンを生じ、中等度の均一なサンタンを生じる。 J-Ⅱ(平均的)
わずかにサンバーンを生じ、容易に中等度のサンタンを生じる。 J-Ⅲ(紫外線に非過敏)
サンバーンは軽いがサンタンが強い。
ほとんどサンバーンを生じない。濃褐色である。
決してサンバーンを生じない。黒褐色~黒色である。
スキンタイプはファンデーションなどの色選びに役立つものではありませんが、紫外線によるリスクを予測し、UVケアを意識する上でも役立ちます。
コスメコンシェルジュからひと言

●肌色を表現するとき

人を肌の色で分ける時代ではありませんが、外見上の特長の一つとして肌の色を表現しなければならないことがあります。化粧品の世界でもそうです。白人、黒人といった表現に差別を感じて言葉にすることを躊躇する人がいますが、必要に応じ適切に用いるならば、決して差別的な表現ではなく、TVニュースや文部科学省が発信する文書などでも見られる言葉です。マルチカルチャーな国でもWhite、Black、黄色人種をAsianなどと表現することがあります。

気を付けなければいけないことは、肌の色に優劣を感じさせる表現や価値観です。日本では白い肌が好まれる傾向にありますが、白い肌を美しいと決めつけた表現をしたり、日焼けしてしまったことを黒くなってしまったと表現したりするのは避けたいものです。日焼けしてしまったことが健康被害を考えると悪いことであって、ブラウンや黒く色づいた肌色は悪いことではありません。また、色名としての肌色は現在は死語です。

じゃあ美白って何よ?についてですが、美白で目指す肌は、本来の肌色以上の白さではなく、その人本来の肌色です。もともとなかったシミはなくしたい、日に焼けて肌の色が変わってしまうことは避けたいなどの気持ちに応えるものだと思っています。

●それでも肌の色を表現するとき 肌の色の示し方例

とは言え、人の肌色を分類するときに、白色人種や白人、白、あるいは黒色人種や黒人、黒などと表現したくない場合もあるでしょう。そのような時には白人をコケージャン(英語のCaucasianから)と呼んだり、黒人の肌色を茶褐色と表現したり、色素が薄い・濃いで肌の色を表現したり、誰々(有名人の名前)の肌色のような色と表現したりすることがよくあります。

肌の色は白や黒だけでは表現できません。海外で用いられている肌色表現をスキンタイプに対応し例としてご紹介しますので参考になれば幸いです。日本人をはじめ東アジアの人々を黄色人種と表現しますが、だからといってイエローとは言いません。
〇肌の色の表現例
スキン
タイプ
肌色表現例1 肌色表現例2 肌色表現例3
アイボリー(ivory) アイボリー(ivory) ペールホワイト(pale white)
フェア(fair)、
ペール(pale)
フェア(fair) ホワイト(white)
フェアからベージュ
(fair to beige)
濃い目のホワイト(darker white)、
ゴールドトーン(gold tone)
ライトブラウン(light brown)
オリーブ(olive)、
ライトブラウン(light brown)
オリーブ(olive)、
ライトブラウン(light brown)
モデレートブラウン(moderate brown)
ダークブラウン(dark brown) ブラウン(brown)、
ダークブラウン(dark brown)
ダークブラウン(dark brown)
とても色素沈着したダークブラウンから最も濃いブラウン
(deeply pigmented dark brown to darkest brown)
ダークブラウンからブラック
(dark brown to black)
とても色素沈着したダークブラウンからブラック
(deeply pigmented dark brown
to black)
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(92) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.