使用性の意味

使用性【シヨウセイ】
 
<用語解説>
使用性とは
使用性とは、その化粧品の使いやすさや使用感触のこと。
化粧品の使用性について
その製品の全般的な使いやすさや扱いやすさを使用性と言います。具体的には、パッケージからの容器の出しやすさ、能書の読みやすさ、キャップの開けやすさ、中身の出しやすさ、中身の肌などへの塗布のしやすさ、使い心地のよさ、チップなどの用具の使いやすさなどあらゆる角度から評価した場合の使いやすさのことです。

化粧品メーカーでは、商品企画・開発、生産などのあらゆる段階で、何十回、何数百回と使用性を確認するためのテストを実施します(使用テスト)。テストは必要に応じ、社外のモニターの協力を得たテストを行うことや、テスト者の年齢や肌タイプ、テスト場所の温度や湿度などの条件を細かく設定して行うこともあります。

使用性と表現して中身の使用感触だけを指す場合もよくあります。中身の使用感触にとどまらず商品全体をあらゆる視点から検証した使いやすさを使用性と表現し、中身に限定した場合は「中身使用性」と呼ぶこともあります。
<全般の関連用語>
  • サプライチェーン
  • 防腐防黴
  • 再商品化
  • 旧薬事法
  • ユニバーサルデザイン
  • 付け替え用
  • アウトオブブランド
  • 原材料
  • フォトジェニック
  • マーケッター
  • 使用法
  • 用時調整型化粧品
  • インディーズブランド
  • 先入れ先出し
  • エクステンション
  • 費用対効果
  • 化粧品
  • ジャンボサイズ
  • ポーヨーベジタリアン
  • 成分評価試験
  • 客セン
  • 肌トラブル
  • お手入れ
  • ラボ
  • 肌悩み
  • 仕上用化粧品
  • ベアスキン
  • ラクトオボベジタリアン
  • 連用
  • ステークホルダー
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(141)
    組織・団体(48) 資格(6)
    海外(40) 新語(15)

    原料・中身

    成分(235) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(98) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(125)
    ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(106)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(106) パッケージ(53)
    その他(22)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(37) 広報・PR(23)
    印刷(14)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.