細胞外基質の意味

細胞外基質【サイボウガイキシツ、extracellular matrix】
 
<用語解説>
細胞外基質とは
細胞外基質とは、細胞と細胞のすき間を満たしている物質のこと。
細胞の外側にあるため細胞外基質と呼ばれます。細胞外マトリックスや細胞間基質、細胞外マトリックスの英文表記 Extracellular Matrixを略しECMとも呼ばれることがある。
細胞外基質について
〇細胞外基質とは
身体の組織は、細胞の単なる集積ではなく、大部分が細胞外の空間で構成されています。その空間を複雑な構造で満たしている物質が細胞外基質です。細胞外基質には基質基底膜、複数種類の線維があります。
細胞外基質は、細胞外基質内に存在する細胞によって生成された成分によって組織化されます。そのほとんどが線維芽細胞によります。

〇細胞外基質を構成する成分
細胞外基質は、主に線維状タンパク質、プロテオグリカン、接着性の糖タンパク質で構成されています。

線維状タンパク質は、コラーゲンやエラスチン、フィブロネクチン、ラミニンなどを含むもので複数種類ありますが、膠原線維弾力線維がよく知られています。細胞外基質内で一番多く存在する成分がコラーゲンです。

プロテオグリカンは、糖タンパク質の一種です。軸となるタンパク質(コアタンパク質)にグリコサミノグリカンと呼ばれる多糖が結合したもので、このグリコサミノグリカンには、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、ヘパリンなどがあります。プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進すると言われています。

その他、ミネラルや水も含まれています。

〇細胞外基質はただの緩衝材ではない
細胞外基質は、細胞と細胞の空間を埋める物質とは言っても、壊れやすい製品を保護する発泡スチロールのような緩衝材とは全く異なり、全ての組織において働きのある物質です。

細胞外基質は、組織内に存在する細胞をコントロールし、細胞の増殖や成長、発達に関与します。つまり、細胞外基質は、組織の形態や機能を決定するものと言え、例えば皮膚と骨では細胞外基質の組成が全く異なります。

〇細胞外基質の可能性
こういった細胞外基質の特性を生かし、今までは治らないと思われていた創傷や病気の治療に役立てる研究が進んでいます。縫合手術や火傷の手当てなどでの応用が期待されています。
用語のカテゴリー

全般

全般(138) 皮膚のしくみ(121)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(125)
組織・団体(28) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(54) 調査(29)
表示(86) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(120) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(21)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(75) 物流・流通(61)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(93) パッケージ(40)
その他(15)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.