インナードライの意味

インナードライ
 
<用語解説>
インナードライとは
インナードライとは、肌の表面の状態からは気づかないが、肌の内側では乾燥していること。
インナードライについて
インナードライの肌は、角層の水分量が不足しています。肌が乾燥したり、紫外線のダメージを受けたりすると、それらを補おうと皮脂分泌が活発になるため、肌表面では乾燥肌の特徴は見られず、むしろうるおって見えたり、さらには皮脂テカ状態である場合もあります。

インナードライの肌は混合肌と似ていますが、混合肌のように肌表面が部分的にかさついたり、あぶらっぽかったりするというより、皮脂分泌が活発なため肌表面は全体的にあぶらっぽく、肌の内側が乾燥している状態です。皮脂量が多いものの水分量は適度な脂性肌や、皮脂量も水分量も少ない乾燥肌とは異なります。

肌がうるおって見えるにもかかわらず、部分的にツッパリ感があったり、メイクのりが悪い場合は、インナードライの可能性があります。特に暑い時期は、汗をかきやすく皮脂分泌も増えるためインナードライになりやすい季節です。角層の水分量を足りないと様々な肌トラブルにつながるため、皮膚の水分量を高め、モイスチャーバランスを整えるお手入れが大切です。
用語のカテゴリー

全般

全般(146) 環境(14)
皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
法律・基準(142) 組織・団体(50)
資格(6) 海外(40)
新語(19)

原料・中身

成分(239) 技術・処方(91)
機能・効果(50) 使い心地(31)
色・質感(41) 剤型(16)
評価・試験(61)

マーケティング

企画開発(59) 調査(40)
表示(101) 施策(3)
マーケティング(53)

製品カテゴリー

洗浄料(4) スキンケア(126)
ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
UVケア(39) ボディケア(10)
ヘアケア(66) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(80) 物流・流通(66)
輸出入(25)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(91) 店舗・売り場(108)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(6)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(113) パッケージ(59)
その他(25)

広告・宣伝

広告・宣伝(41) 広報・PR(23)
印刷(16)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.