特色の意味

特色【トクショク、spot color】
 
<用語解説>
特色とは
特色とは、ある特定の色を再現するために調合して作ったインク色のこと。CMYKの4色のインクの掛け合わせで表現する色ではなく、その色のために作り出した1色のインク色。
スポットカラー、カスタムカラー、ソリッドカラー、特練色ともいう。特練は「とくねり」とも「とくれん」とも読むことがある。パントンでは特色をソリッドカラーと呼ぶ。
特色について
フルカラー印刷は、通常CMYKの4色の標準的なインキを使い、それらの掛け合わせであらゆる色を表現します。Cはシアン、Mはマゼンタ、Yはイエロー、Kは黒色です。しかしCMYKの4色の掛け合わせでは、金銀やメタリックカラー、蛍光色などを再現できません。パステルカラーも非常に再現が困難です。

そこで、CMYKの4色を掛け合わせるのでなく、目的とする色のインクを単色インキとして作ったものが特色です。グラフィックデザインでは、CMYKより特色の方が意図する色を忠実に再現できるため、コーポレートカラーやブランドカラーは特色となっていることが多いです。

また特色は、CMYKでは表現できない色の場合だけでなく、単色印刷や2色刷りのようにCMYKの4版用いるのが効率悪い場合にも、特色で単色印刷用の1色や2色刷り用の2色のインキをつくり、版を1版や2版にして印刷することもあります。

関係者間で色の共通認識を持ち、思う色を再現するためには、通常DICやパントンなどの色見本帳を用い、「DICの何番」といった具合に色指定をします。より確実にするため色見本帳から切り離した色チップを添えることが多いです。
用語のカテゴリー

全般

全般(146) 皮膚のしくみ(129)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(141)
組織・団体(48) 資格(6)
海外(40) 新語(15)

原料・中身

成分(235) 技術・処方(91)
機能・効果(50) 使い心地(31)
色・質感(41) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(98) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

洗浄料(4) スキンケア(125)
ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
UVケア(39) ボディケア(10)
ヘアケア(66) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(82) 物流・流通(65)
輸出入(25)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(91) 店舗・売り場(106)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(6)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(106) パッケージ(53)
その他(22)

広告・宣伝

広告・宣伝(37) 広報・PR(23)
印刷(14)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.