環境表示の意味

環境表示【カンキョウヒョウジ】
 
<用語解説>
環境表示とは
環境表示とは、環境に関する表示の総称のこと。環境表示の実施にあたっては国際規格がある。
環境表示について
○環境表示とは
環境表示とは、製品やサービスが環境に配慮していることを説明文やシンボルマーク、図表などを用いて表現することや、そう表現しているものをいいます。環境省によるガイドラインでは環境表示は次のように定義されています。

○環境省による環境表示の定義
「環境表示」とは、製品の原料採取から製造、流通、使用、リサイクル・廃棄の段階において、環境に配慮した点や環境負荷低減効果等の特徴を説明したものをいい、説明文やシンボルマーク、図表などを用いて行われています。環境表示には「環境ラベル」及び「宣言」が含まれ、説明文、シンボル及び図表を通じた製品又はサービスの環境主張はすべて該当します。こうした環境表示は、製品や包装、カタログや店頭広告・店頭表示、ウェブサイト、テレビや新聞等の広告媒体などに見ることができます。(環境表示ガイドライン【平成 25 年 3 月版】より抜粋)

○環境表示の対象
景品表示法では、製品やサービスを購入してもらうために事業者が消費者に向けて知らせる広告物などの表現を表示と規定していますが、環境表示においては景表法の対象になるものだけでなく、製品やサービスの直接的な広告とはならない事業活動やイメージ広告なども対象になります。

○環境表示に関する規格
環境表示の規格については、ISOによる「環境ラベル及び宣言」シリーズ(ISO14020シリーズ)と呼ばれる国際規格があり、それを受けて日本でもJIS化(JIS Q14020)されています。環境表示の中でも、第三者機関の認証などがなく事業者の自己宣言によるものは環境主張と呼ばれます。「環境ラベル及び宣言」には、タイプⅠの第三者認証による環境ラベル(ISO/JIS Q 14024)、タイプⅡの事業者等の自己宣言による環境主張(ISO/JIS Q 14021)、タイプⅢの製品のライフサイクルにおける環境負荷の定量的データの表示(ISO/JIS Q 14025)の3タイプがあり、それぞれ国際規格とそれを受けた日本の規格があります。タイプⅡについては特に環境主張ともいいます。

○環境省「環境表示ガイドライン」(平成25年3月版)
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 環境(14)
皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
法律・基準(142) 組織・団体(50)
資格(6) 海外(40)
新語(17)

原料・中身

成分(237) 技術・処方(91)
機能・効果(50) 使い心地(31)
色・質感(41) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

企画開発(56) 調査(39)
表示(101) 施策(3)
マーケティング(50)

製品カテゴリー

洗浄料(4) スキンケア(126)
ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
UVケア(39) ボディケア(10)
ヘアケア(66) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(82) 物流・流通(65)
輸出入(25)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(91) 店舗・売り場(107)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(6)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(113) パッケージ(59)
その他(25)

広告・宣伝

広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
印刷(15)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.